FC2ブログ

反省するそぶり見せないYouTuberの問題

YouTuberの暴走が問題になっているようです。

livedoorNEWS(現代ビジネス):炎上望むYouTuber、過激化の危うい実態
                  ~川崎事件から考える カネと承認を求めて…


以下引用--------------------------------------------
5月28日に、川崎市登戸駅周辺で小学生などが狙われる大量殺傷事件が起きた。
その同日、YouTuberの「しんやっちょ」と「金バエ」が、事件現場から動画を生配信していたとして
批判を浴びている。

生配信の前にもしんやっちょは、自分の動画チャンネル「しんやっちゅーぶ」で、
「川崎で小学生や大人が刺された襲撃事件 確保した男は包丁で自害」という動画を公開。
サムネイルは、相方である金バエがしんやっちょを刺しているように見える不謹慎なものだ。

なぜYouTuberたちはこのような不適切な動画を投稿してしまうのか。他にもネット上で多数見つかる
類似の事例も参照しながら、理由と問題点を考えていきたい。

事件現場から生動画配信で大炎上
執筆している6月3日現在、同動画の再生数は約5万7000件だが、高評価が200に対して、
低評価が7100と、低評価が圧倒的多数となっている。批判コメントが1000件以上つき、
炎上状態と言って差し支えない。

この動画では、しんやっちょと金バエの二人が、事件の背景や加害者についてワイドショーのように
推察している。
「子どもを襲っている時点でそれほど強くない。〈中略〉本来ならね、幸せそうなカップルを殺すと思う」
「肉体も弱いし社会的地位もない。精神的にも弱い」「老害か子どもしか狙ってない」と、
加害者像について語り合う。「巻き込まれた人はね、運がなかった」と笑い合う場面も見られる。

その後、事件現場から生配信を開始。視聴者から炎上を心配する声があがったが、被害者にとっては、
取材・撮影で訪れるのがマスコミでもYoutuberでも関係ない、あくまでフリージャーナリスト
(しんやっちょ、金バエのことはこう自称している)かメディアかの違いがあるだけで、怒られる
筋合いはないという旨の持論を展開していた。

当然ながら、両動画などに対しては批判が殺到。批判が続いたことを受けて二人は謝罪動画を配信したが、
タイトルからして「笑ってはいけない川崎事件 謝男(シャーマン)」というふざけたものだった。
金バエは「人気者になれて嬉しい」とビールを飲みながらニヤニヤしており、まったく謝罪になっていない
動画だったため、さらに炎上状態が続いている。

炎上は知名度・収入アップに直結
なぜ彼らは、明らかに炎上する動画を投稿したのだろうか。しんやっちょは、
「サムネ画像からしてある程度炎上したりとか、不謹慎と言われるのは覚悟」していたと謝罪動画内で語っている。
つまり、あえて炎上しそうな動画を投稿したと考えられるのだ。

そもそもYouTuber動画の世界はレッドオーシャン化している。よほどのことをしなければ差異化ができず、
注目されることもない状態だ。そんななか、なんとか差別化を図る思惑のもと、動画はどんどん過激化しており、
犯罪スレスレの動画も投稿される傾向にある。
同時に、YouTubeでは再生数に応じた広告料が得られるようになっており、炎上は再生数増につながるため、
そうした過激行動はYouTuberにとっては収入につながる行為でもある。

実際、YouTuberによる不適切動画投稿がこのところ多数続いている。
今年3月には、チャンネル登録者数130万人を超えるYouTubeチャンネル「ジョーブログ」が、
「スクランブル交差点にガチベッドで寝てみた」という渋谷のスクランブル交差点にベッドを置いて
寝そべる動画を公開、道交法違反容疑で捜査される羽目に陥った。警察に出頭する様子を撮影した
動画内でも「炎上とかはこれからもすると思う」と語るなど、反省する様子は微塵も見られなかった。

ホリエモンこと堀江貴文氏も、2018年8月に放送されたテレビ番組で、「炎上はむちゃくちゃ効率がいい」と
語っている。
ホリエモン氏は有料メルマガなどのコンテンツを持っているため、知名度がそのまま収入増につながる可能性が高い。
つまり、炎上がニュースとなり報道されることで、宣伝につながるというわけだ。

このような手法は「炎上商法」「炎上マーケティング」などと呼ばれることがある。
ただし、ホリエモン氏の場合は炎上しても他人に迷惑をかけるわけではない。
一方で、前述のYoutuberの動画のように、自分の収益のために他人に迷惑をかけたり、他人を
傷つけたりするものもある。そうした炎上商法は論外だろう。

死が「エンタメ化」される側面も
既に述べたとおり、動画投稿者の目的は、知名度向上とそれによる収益向上だ。
しかし、それ以外にもそのような動画を投稿してしまいやすい「環境」が現代社会にはあるのではないか。
殺人や事件さえ“ネタ化”してしまうSNSの現状も影響していると考えられるのである。

たとえば5月25日深夜に愛知県名古屋市中区栄の繁華街で男による殺人が行われたが、
この様子を撮影した動画が、あるユーザーによってTwitterに投稿された。

「動画は削除すべき」などと批判されても、投稿者はアカウント名を「炎上中」に変更し、
開き直るような投稿をしていた(現在はアカウントロック中)。また、投稿した動画を示す「殺人動画」という
単語がトレンド入りしたことを喜んでいるような投稿も見られた。

5月23日には、東新宿付近で21歳女性による殺人未遂事件が起きたが、血まみれの容疑者と
倒れた被害者の写真がやはりTwitterで拡散された。殺人未遂の事件という陰惨な事態を撮影・投稿する
ユーザーがおり、それを拡散してしまうユーザーも多数いたというわけだ。

3月15日に起きたニュージーランド銃乱射事件でも、事件の様子が加害者によってFacebookでライブ配信された。
Facebookは途中でこの配信を止めたが、YouTubeやTwitter、Instagramなどで広く拡散されてしまった。
Facebookはこれを受けて、ライブ配信規制強化、Facebook上でのヘイトや差別発言の禁止などの
対策を決定している。

悪意あるコンテンツは拡散しないこと
投稿者が炎上につながる動画や写真を投稿するのは、自己顕示欲や承認欲求を満たしたいという
動機が大きいだろう。
自分の発信が周囲に与える影響の大きさが快楽であり、注目が集まり話題になることが喜びなのだ。
同時にYouTuberにとっては、前述の通り、収益につながるというメリットもある。

しかし、こうした危うい動画や画像を拡散させてしまったのは、一般ユーザーである。拡散につながったのは、
面白半分や嫌がらせといった動機でリツイートしたりシェアしたりしてしまうユーザーが少なくなかったためだ。
死さえもエンタメ化、コンテンツ化しているのが今のSNSだ。誰かが死ぬという出来事すらも、
自分が儲けたり目立ったりするための道具として利用するユーザーがいるのだ。

とはいえ筆者が見る限り、多くのユーザーは、このような動画や写真が拡散されることで悲しんだり、
驚いたり、気分が悪くなったり、傷ついたりしていた。他のユーザーを傷つけたり、悲しませたりしないためには、
一般のユーザーは拡散に協力しないことが大切だろう。

Facebook社が種類によってはライブ配信を制限することを決定したが、Twitterなどではまだまだ自由に
拡散できる状態だ。
少しでも早く、このような悪意あるコンテンツには相応の対応がなされ、収益化につながらないような
対処が行われることを願っている。
----------------------------------------------------

今回のような動画は、話題だからと言って再生するとYouTuberの思うつぼになって、収益化して
しまうので、再生しないようにしましょう。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : YouTuber

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング