FC2ブログ

Googleマップの不具合を訴える声が各所で相次ぐ

連続勤務中の管理人です。

便利に使用していたGoogleMAPが劣化してしまったようです。

livedoorNEWS(NewsInsight):Googleマップが突然の劣化、ゼンリン地図から自社地図に変更か?

以下引用-----------------------------------------------------
Googleマップの表示がおかしい。3月21日頃から、Googleマップの不具合を訴える声が各所で相次いでいる。
道路の表示や建物の位置が正確でなかったり、地形すら間違っている場所もある。
Googleマップにいったい何が起こったのか。

20190323_001.jpg
Googleマップからゼンリン社の権利表記が消えた

Google社は今月のはじめ、今後「数週間以内」に、日本のGoogleマップをアップデートすると予告していた。
このアップデートでは、特にダウンロード可能なオフラインマップを追加することに注目が集まっていた。
オフライン環境でもダウンロード済みの地図を利用できる便利な機能だが、地図データの契約上の課題があり、
日本のGoogleマップでは制限されていた機能だからだ。結局、両社は契約の課題を解決できず、
ゼンリンが地図データ提供から降りてしまったことが、今回の不具合の原因と見られる。

新しい地図は使い物になるのか?
現在のGoogleマップは、Googleが新規開発した自社製の地図データを利用しているようだが、
いまだに不具合が報告され続けている状態状態であり、混乱が収束する目途は見えていない。

なお、この新しい地図は、航空写真で山脈の陰部分が湖になっていたり、並木の多い道路が公園に
なっていたりする間違いや、ほかにも交差点に面したコンビニエンスストアの駐車場が道路と
語認識されていたりすることから、航空写真をもとにした機械学習や、スマホ位置情報の移動軌跡から
地図データを生成しているのではないかと指摘されている。

20190323_002.jpg20190323_003.jpg
航空写真では山の陰になっている部分が、川と湖になってしまっている
20190323_004.jpg20190323_005.jpg

地図では鎌倉街道から大栗橋公園を抜ける道があるが、実態はただの公園広場だ。
スマホ位置情報の移動実績をもとに道と認識したか?

新しい地図の仕組みや改善の見込みについては、Google側のアナウンスを待つほかないわけだが、
GoogleマップはAndroidの標準地図として利用されており、影響を受けるユーザーがあまりにも多い。
他の地図サービスを駆逐して大きな影響力を持っているのだから、責任も伴うはずだ。
-------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : Googleマップ

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング