FC2ブログ

Amazonで商品を購入する際に販売者を確認する方法

何かと今、話題のAmazonですが、販売者を特定する方法の記事がありました。

livedoorNEWS(THE PAGE):怪しい出品にご注意を、Amazonマーケットプレイスで販売者を確認する方法

以下引用---------------------------------------------------------------------------
 Amazonのウェブサイトに明らかに疑わしい商品の出品が増加しています。筆者が確認したものでは、
人気ゲーム機「Nintendo Switch」が1,560円(2017年4月27日2時現在)という破格で販売されており、
果たして本当にこの価格で定価2万9,980円もする同製品が手に入るのか、疑わざるを得ません。

 なぜ、便利なはずのAmazonでこのような疑わしい商品が並んでいるのか。その背景には、
Amazonマーケットプレイス」という販売システムの存在があります。今回は、Amazonで商品を購入する際の
注意点についてまとめます。

Amazonで商品を購入する際には、まず販売者の確認を
 Amazonを頻繁に利用されている方であれば良く知られていることですが、Amazonで売られている商品は、
すべてAmazonが販売・発送しているというわけではありません。Amazonには外部の企業や個人が販売者として
商品の販売をすることができる「Amazonマーケットプレイス」というサービスが存在し、同じ商品であっても
「Amazonが販売・発送する場合」「外部販売者が販売・発送する場合」、そして販売者の商品をAmazonが
倉庫に預かって発送代行する「外部販売者が販売し、Amazonが発送する場合」の3パターンが存在します。

 誰が商品を販売するのか、誰が商品を発送するのかは、Amazonの商品詳細ページに必ず記載されているので、
購入したい商品については“販売者が誰か”の確認をするようにしましょう。

Amazonには個人出品者も多数存在している
 もちろん、Amazonマーケットプレイスには量販店サイトやメーカー直販サイトなども販売者として参加しており、
それらの販売者の出品を見てみると、販売価格は各社の公式ECサイトと同じ場合がほとんどです。
しかし中には、個人販売者が小売店で入手困難な商品を定価より高額で販売している場合などがあるので、
注意が必要です。ちなみに、価格が市場価格より高額な場合には、商品価格欄に注意喚起が表示されています。

 販売者のプロフィールを確認したい場合は、パソコン・スマートフォンのウェブサイトの場合、Amazonの
商品詳細ページに記載されている販売者の名前をクリックすると「特定商取引法に基づく表記」を見ることができ、
ここに販売責任者名や連絡先が記載されています。この販売者が株式会社ではない場合、連絡先電話番号が
携帯電話番号の場合、連絡先メールアドレスがフリーメールの場合などは、販売者が個人である可能性は
非常に高いと言えるでしょう。

 個人販売者の中には人気商品を定価で購入して高額な価格で転売する“転売屋”も多く、
また販売、梱包、接客、品質保証についても十分な知識やノウハウがない場合も考えられます。
こうしたことを十分に承知の上で購入を決めるようにしましょう。

 ちなみに、このAmazonマーケットプレイスには海外の個人販売者も参加しており、冒頭に紹介した
「Nintendo Switch」を1560円で販売するAmazonマーケットプレイスの販売者(3者)は、
3者とも海外の販売者で、2者は個人販売者、そして1者の販売者欄に記載されていたのは、
氏名や法人名ではなくただのランダムな文字列という状況でした。少しでも不安を感じた販売者からの購入は、
避けるのが賢明だと言えるでしょう。

Amazonは消費者保護のため責任を果たすべきでは
 同じショッピングサイトでも、AmazonがYahoo!ショッピングや楽天市場と大きく異なる点は、Amazon自身が
売る商品もAmazonマーケットプレイスの販売者が売る商品も、全く同じ見た目の商品ページ・購入ページから
購入できる点であり、しかもその販売者の中に個人販売者が数多く含まれている点です。

 もちろん、すべての個人販売者が悪意を持っているわけではありません。しかし、もしAmazonマーケットプレイスの
存在を知らない消費者がAmazonから商品を購入するつもりで普通に商品をカートで決済して、もしもその決済の
相手が悪意を持った個人販売者だった場合には、消費者は思わぬ不利益を被る可能性があります。

 Amazonは消費者を保護するための「マーケットプレイス保証」という制度があることを様々なページで
アナウンスしていますが、そもそも消費者に不利益を与える可能性を生み出しているということを十分に認識して
対策を講じる必要があるのではないでしょうか。

 Amazonは、Amazonマーケットプレイスに参加する販売者について、参加時の与信審査、不正取引の監視と
必要なペナルティによって“Amazonに参加しているのは信頼できる販売者だ”という担保を徹底すべきであり、
また商品の販売者が個人である場合には消費者に対してそれをわかりやすく表示し注意を促すべきだと言えます。
商品の販売者がAmazonマーケットプレイスの参加者であったとしても、消費者はAmazonのブランドを信頼して
商品をカートに入れ、決済をしているのです。そのブランドが追うべき責任は大きいのではないでしょうか。
-----------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : Amazon マーケットプレイス

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング