FC2ブログ

渇水パニックがくるか?

取水制限が始まっている利根川水系
貯水率がかなりヤバいようで・・・。
断水が来るか?

livedoorNEWS(夕刊フジ):首都圏“水パニック”の悪夢…渇水が続けば「トイレが流せない」どころではない

以下引用-------------------------------------------------------------------------
異変の夏だ。関東地方は極端に雨量が少なく、ダムの貯水率に黄色信号が灯っている。
すでに利根川水系では10%の取水制限が実施され、このペースで雨が降らないと渇水の危機も迫る。
万一、断水となれば、家庭やオフィスビルのトイレの水も流せなくなるどころか、大量の水を必要とする医療機関、
町工場が機能不全になる。猛暑を招くラニーニャ現象も発生、水パニックの悪夢がよぎる。

 関東地方の1都5県に水を供給する利根川水系の8つのダムの平均貯水率は5日現在、59%にまで低下した。
昨冬の記録的な少雪や5月以降の少雨が主な原因で、群馬県みなかみ町の矢木沢ダムはわずか43%
(12日現在)で推移している。

 気象庁によると今夏は、ペルー沖の海面水温が低くなるラニーニャ現象の影響を受け、太平洋高気圧が
例年に比べ広く列島を覆う。「猛暑日」の定義となる気温35度以上も全国各地で記録。
国土交通省では梅雨明け以降の雨不足に焦りを隠さない。

 現在の取水制限は、まだ10%で済んでいるが、今後雨が降らなければ、段階が引き上げられる。
そうなると一体、どんな事態になるのか。

 東京大学生産技術研究所の沖大幹教授(土木工学)は「取水制限が20%になった時点で『減圧給水』が
始まるかもしれない。減圧給水が始まると水道の水の出が悪くなる」と話す。

 さらに進んで40%に突入すると今度は「断水」が起こりうるという。

 「断水が始まると『トイレの水が出なくなるので、ポリタンクにためておこう』とか
『飲み水確保のため、ペットボトルを買い占めよう』といった動きが出始めるだろう。
学校などでプールを中止するところも出てくるものと考えられる」(沖氏)

 70%になると、断水の時間が1日16時間に達する恐れがある。こうなると生活も企業活動もまともに
機能しなくなる。

 「水が出るのは、朝ご飯や夕ご飯の準備が必要になる一番大事な時間だけに限定されることが想定される。
企業で打撃を受けやすいのは製造業で、真水を使って製品を冷やす必要がある鉄鋼業などは、
生産量が落ちる懸念がある。飲食業も調理そのものが難しくなる」(同)

 最も深刻なのは病院だ。医療に水は不可欠で、沖氏は「日々の手洗いができにくくなり、
衛生環境が悪化する恐れがある。手術も渇水地域ではないところの病院で受けるといった必要が出てくる」と指摘。
「1回の治療で大量の水が必要になる人工透析を受けている患者などは、渇水地域ではない場所への
“疎開”を考えた方がいい」と続ける。

 過去、首都圏では「東京砂漠」と呼ばれる渇水パニックが起きている。東京五輪が開かれた1964年、
折からの人口増加と記録的な少雨で、家庭の蛇口から出せる水の量は通常の半分まで低下。
理髪店などは休業に追い込まれ、「水泥棒」まで現れた。

 当時に比べ大幅に強化された東京の「水がめ」だが、例年、この時期なら約90%程度の貯水率を保っている。
想定外の異常気象を前に「東京砂漠」の再来が現実味を帯び始めている。
---------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 利根川水系 取水制限 断水

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング