FC2ブログ

三菱自動車、補償は適正?

燃費問題で不正のあった三菱自動車。
どうやら該当ユーザーに補償するようで・・・。

東洋経済オンライン:三菱自動車、一律10万円補償は妥当なのか

以下引用----------------------------------------------------------------------------
「10万円の補償」と聞いて、ユーザーはどう受け止めているだろうか。

 燃費不正問題に揺れる三菱自動車は、6月17日、顧客への補償方針を明らかにした。

 10万円を補償するのは、最も悪質な不正があった軽自動車4車種のユーザーに対してだ。対象車種は
三菱自動車ブランドの「eKワゴン」「eKスペース」、日産自動車向けに供給していた「デイズ」「デイズルークス」である。

■ ガソリン代の差額などを補償
 この軽4車種は、燃費測定の初期設定に用いる 「走行抵抗値」というデータを恣意的に改ざんし、その結果、
カタログ燃費は正しいデータを用いた場合より5~15%よく見せかけていた。これは「燃費をよく見せる」ことを
意図した恣意的な改ざんで、悪質性は高い。

 この10万円は、①燃費の偽装で生じたガソリン代の差額、②今後の車検時 に発生する税金の増額分、
③お詫び金の3つの要素を含んでいる。

 ガソリン代の差額は、一般的な平均年間走行距離である年間1万キロ、保有年数10年というユーザーを想定し、
算出している。
軽を新車で購入した人の平均保有年数は8.6年であり、それより長めに見積もった。
とはいえユーザーによって使用年数や走行距離には差があるうえに、実際の燃費の悪化幅は5~15%と
車種ごとにばらつきがある。

 だが、わかりやすさと「10万円ならほぼすべてのお客様のご負担増をカバーできる」(益子修会長)ことを考慮し、
軽4車種は一律10万円を補償金とする。

 次に3万円を補償する車種は「RVR」、「パジェロ」、「旧型アウトランダー」、「ギャランフォルティス」、「コルト」の
一部の型だ。補償金3万円に関してはギャランフォルティスの不正を根拠にしている。

■ 軽以外でも恣意的にデータを操作
 ギャランフォルティスは開発段階で、1リットル当たり13.2キロの燃費しか出せなかったが、同13.6キロの
目標燃費に届いたと見せかけるため、走行抵抗値を改ざんした。
軽4車種よりも乖離幅は小さいが、燃費は実際より3%程度よく見せられており、恣意的にデータを操作したという
意味では軽4車種の不正と同じだ。
そこで、10数年を平均保有年数と仮定し、軽4車種と同様に平均走行距離をかけ算して算出したガソリン代の
差額をもとに、3万円という補償金を導き出した。

 補償金3万円グループのうち、ギャランフォルティス以外の4車種は、燃費をよく見せるために走行抵抗値を改ざん
しているが、過去の資料に基づくと、「結果的に出てきた燃費は虚偽ではない値」(中尾龍吾副社長)だという。

 これら4車種は開発段階で目標燃費を達成したものの、国の審査(保安基準の適合性や製品の均質性が検査される)で
目標を達成できるかぎりぎりの状況だった。
正しい値を申請すれば、目標を達成できない恐れがあったので、余裕をもって燃費を達成するため、
走行抵抗値を恣意的に改ざんしたと三菱自動車は説明する。

つまり、燃費に偽りはなくとも、申請した走行抵抗値には偽装があった。そこでこの不正の対象車にはお詫び金の
意味を込め、ギャランフォルティスと同額の3万円を補償する方針だ。

 補償金を払わないのは1991年から国が定めた法規と異なる測定方法
(三菱自動車は社内用語で「高速惰行法」と呼んでいる)で走行抵抗値が計測されていた車種や、実際に計測を
しないで机上計算で走行抵抗値を求めていた車種が該当する。

 これらは、計測のプロセスは不正だが、走行抵抗値の恣意的な改ざんはなく、結果として出てきた燃費も変わらない。
不正な方法で測ったが、走行抵抗値に偽りはないので補償の必要はないと判断したようだ。

■ ユーザーへの直接補償はこれで打ち止めか
 補償金は、国土交通省が6月末に発表する正しい燃費値を確認した後に支払う見込みだ。
三菱自動車はユーザーへの補償にそなえ、前2016年3月期に150億円を燃費不正関連特別損失として引き当て、
さらに2017年3月期に500億円を積みました。
今後、販売店への補償などの問題は残っているが、ユーザーへの直接補償に関してはこれをもって一応の
メドをつけたことになる。

 だが、ユーザーからしてみれば補償金をもらえるのは走行抵抗値の改ざんが認められた車種だけ。
補償金額はガソリン代の差額や税金の増額分など、合理的に算出できるものを根拠にしており、ブランド価値の
毀損やユーザーの心理的な負担などの数値化できない損害は見積もれないという立場だが、はたしてユーザーは
納得するか。失った信頼を取り戻すためにはまだ紆余曲折がありそうだ。
------------------------------------------------------------------------------------

さて、ユーザーは納得するのだろうか?





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : eKワゴン eKスペース デイズ デイズルークス 補償

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング