FC2ブログ

新型肺炎 「勤勉」な日本社会は拡散させやすい?

また感染者が増えた新型コロナウイルス
日本は何故、こんなに感染者が増えるのか?

livedoorNEWS(BLOGOS):COVIDと対峙するために日本社会が変わるべきこと

以下引用----------------------------------------------
おはようございます。走ってきました。
週5回は朝走るのですが、このときreflectionをします。昨日見たもの、書いたもの、語り合ったこと。
Reflectionの時間は非常に大事でただただ実務だけやってるとすぐにアイデアが枯渇します。
あと、休養、運動、栄養、そして笑いはとても大事です。

さて、本日お伝えしたいことは結論だけ言えば以下のことです。多くの専門家も同じようなことを言っていますから
特にオリジナリティはありません。

1.風邪をひいたり体調を崩したら家で休む。社会もそれを許容する。
2.しんどくなったらマスクを付けて速やかに病院を受診する。しんどくなければ必須ではない。しんどさの基準は
個人差があるので個々の判断で。
3.自宅に家族がいれば、病気の人はマスクを付けて、神経質に何かに触るたびに手指消毒をする。何度でも。
4.仕事や学業を効率化する。人が集まらねばならない会議は最小化してメールでできること(特に連絡事項)は
すべてメールやチャットなどでやる。自宅でできる仕事も自宅でやる。
5.医療リソースと公衆衛生リソース(役所含む)を大切にする。モノと人。マスクを無駄遣いしない。
人も無駄遣いしない。すぐに病院に駆け込まない。
「何かあったらすぐ病院に」と勧めない。夜中の記者会見など無駄なことはしない。
というか、記者会見もチャットでやるといい、昼間に。

さて、1月に新型コロナの輸入例がどう広がっていくか、シミュレーションをしました。プレプリントですが
公表しています。

https://www.preprints.org/manuscript/202002.0179/v1

ぼくは予測の専門家ではなく、あくまでも一介の臨床屋です。なので、これは「予測」ではなく、
「シミュレーション」です。
すべてを「想定内」にするためのシミュレーション。

臨床屋も「予測」はするのですが、予測を当てにしすぎません。臨床予測はしばしば外れるからです。
検査がしばしば間違えるように。よって、間違ったときのためのプランB、プランC、プランDを予め立てておきます。
「予測は間違えても、判断は間違えない」よう、ゲーム理論的な戦略を練るのです。ここでも、起こりうるシナリオを
(制限はありますが)SEIRモデルを使って45通りのシミュレーションをやってみました。

ここで特に注目したのは発症から受診までの期間です。よく「新型コロナは潜伏期間が長くて」といいますが
ここはそれほどポイントではありません。潜伏期間はR0にあまり寄与しないからです
(我々のモデルだと全く寄与しません)。それに、nCoVは潜伏期がたいして長いわけでもありません。
中央値は3日程度で、要するに半数は3日未満です。長い人で14日(場合によってはそれ以上)になるだけです。

潜伏期間は「広がり」には意味を持ちます。よって、「水際作戦(border screening)」的には重要な要素ですが、
そもそも水際作戦は役に立たないことは昔っから専門家は知っていました。あそこで引っ掛けられるのは極端に
潜伏期間が短いデングのような例外的疾患で、そもそもデングは空港でひっかけなければならない疾患では
ないわけで、要は感染症をよく理解していない人たちが「水際作戦」にすがったのでした。

さて、僕らのシミュレーションでは、「たとえ同じウイルスでも」感染者が発症してから受診するまでの時間が
違うとずいぶん二次感染のインパクトが変わることがわかりました。
詳しくはプロットをご覧ください。感染症の広がりはウイルスだけが決めるのではありません。
社会や個人の振る舞いも大きく影響するのです。

僕はこのプロットを見たとき、「あ、日本だと大丈夫かな」と思いました。新型インフルの記憶が残っていたからです。
あのとき、多くの患者さんは熱が出ると即座に病院にやってきました。ときには30分以内に。
そんなに慌てなくてもインフルはたいてい勝手に治るのに、とぼくはその時思いましたし、実際、
ヨーロッパの多くの人たちは自宅で休んでいて「勝手に治して」いました。そもそも日本医療制度はとても
アクセスが(ときに極端なまでに)よいのが「売り」ですから、発症から受診までの時間であれば、
日本は世界のトップレベルだよな、と思ったのです。

記憶とはやっかいなものです。記憶と経験値があれば人は賢くなりそうなものですが、逆にその記憶が
邪魔をすることがあります。
要は一般化できることと個別なものを区別することが大事で、新型インフルでしか当てはまらないことを
別の感染症に無理やり当てはめるのは間違っているのです。

そう、ぼくもその時間違った連想をしていたのでした。論文を書いていた1月には気づいていなかったのですが、
今朝ジョギングしていてようやく気がつきました。うかつでした。せっかくシミュレーションをやっていたのに、
プロットを別の角度から見るのを怠っていたのです。

武漢で猛威を奮っていたCOVID-19が、日本で蓋を開けてみたら案外軽症で「風邪みたいなものだ」と
報告されたとき、多くの専門家がこれを「朗報」ととりました。白状するとぼくもそう思っていました。

確かに、ほとんどの患者が自然治癒する軽症感染症である事実は「半分は」朗報です。
が、半分は違う。

なぜ、SARSは抑え込めたのに、COVIDは抑え込みにくいのか。このことを昨日議論していました。
あ、他者との対話は大事です。特に身内でない「他者」との対話は。仲間内の会話はシュプレヒコール的高揚感や
自己憐憫をもたらしますが、同時に視野狭窄傾向も作るので程々にしておかねばなりません。

さて、COVIDはなぜ抑え込めない、とCDCのトップにまで言わせるのか。根拠はいろいろでしょう。
しかし、ぼくはその根拠の一つは「発症初期が軽症である」ことにあると思っています。潜伏期間ではなく。

重症化した場合のCOVIDは発症7日程度で呼吸状態の増悪があると中国からの報告があり、日本の重症例も
そういう事例が多いようです。初期は軽症なので受診動機が小さい。
よって、「発症から受診までの時間が長くなりやすい」傾向をこのウイルスはもっているのです。
発症から受診までの時間は「人」は「社会」の属性だとぼくは思っていましたが、そこにウイルスの特徴も
混じっていたのです。
よって、重症発症の多いSARSよりも本ウイルスは広がりやすい。

そして、勤勉な日本人は風邪症状くらいでは休まない。

自宅で安静にもしないし、受診もしないかもしれない。和歌山の事例がまさにそうでした。
当該医師を責めているのではありません。あれは日本医療界の縮図で、「熱が出たくらいでは休まない」は
ぼくも含めて日本医療界が、そして日本社会がどっぷり浸かっているエートスであり、和歌山の事例は
その一つのサンプルに過ぎないのです。

このウイルスは日本の社会でこそ広がりやすいウイルスなのかもしれない。他の国では感染の広がりが
観察されにくいのに中国のほかは日本でだけ感染が広がっているのは、のちにYomiDrに書くような「失敗」も
あるのでしょうが、ここがポイントのひとつなのかもしれないのです。

そこで、冒頭のお勧めをもう一度。

1.風邪をひいたり体調を崩したら家で休む。社会もそれを許容する。
2.しんどくなったらマスクを付けて速やかに病院を受診する。しんどくなければ必須ではない。
しんどさの基準は個人差があるので個々の判断で。
3.自宅に家族がいれば、病気の人はマスクを付けて、神経質に何かに触るたびに手指消毒をする。何度でも。
4.仕事や学業を効率化する。人が集まらねばならない会議は最小化してメールでできること(特に連絡事項)は
すべてメールやチャットなどでやる。自宅でできる仕事も自宅でやる。
5.医療リソースと公衆衛生リソース(役所含む)を大切にする。モノと人。マスクを無駄遣いしない。
人も無駄遣いしない。すぐに病院に駆け込まない。「何かあったらすぐ病院に」と勧めない。
夜中の記者会見など無駄なことはしない。というか、記者会見もチャットでやるといい、昼間に。

日本社会のエートスがCOVIDによりvulnerableなエートスだ、という仮説に基づくならば、今やるべきは
日本社会固有のエートスと立ち向かい、これを乗り越えることです。上記「1〜5」は日本社会でできない
「あるある」なことばかりなのですが、これをあえてやるべきだとぼくは主張します。色々ヘマはありましたが、
COVID問題はまだ始まったばかりです。方向転換をするならば今でしょう。

文章の内容は個人の意見で所属先のそれとは無関係です。
------------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けるウイルスメールが出回る

新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けるウイルス付きのメールが出回っているようです。

INTERNET Watch:新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けるウイルスメールが出回る

以下抜粋----------------------------------------------
 最近、毎日ニュースになっている新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)ですが、その予防を
呼び掛けるメールにコンピューターウイルスが添付されている事例が報告されました。
その攻撃メールのサンプルが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のウェブサイトで公開されています。
新型コロナウイルスの予防のために、添付の通知を確認するような本文で、添付ファイルのWordファイルを開くと、
「Emotet(エモテット)」というコンピューターウイルスに感染してしまうのです。

20200215_001.png
新型コロナウイルスの感染予防に関する内容を装ったウイルスメール
(画面は、IPAの「新型コロナウイルスを題材とした攻撃メールの例」より)

 Emotetに感染すると、端末に保存されているアカウントやパスワード、アドレス帳などが盗まれる可能性があります。
それと同時に、ほかのウイルスをダウンロードし、ランサムウェアによりデータを暗号化されてしまうこともあります。

 一番の防止策は、怪しい添付ファイルを開かないことなのですが、Emotetには、感染した端末の
アドレス帳に登録している相手にウイルスメールをばらまく機能もあります。そのため、知り合いの
メールアドレスや名前からウイルスメールが来ることもあり、ガードが緩み、添付ファイルを開いてしまうという
ケースがあります。
しかも、新型コロナウイルスという注目度が高く、心配の種を突いてきているのも巧妙です。

 EmotetはWordのマクロという機能を利用して、マルウェアを実行しています。
ファイルをダウンロードするだけでは被害に遭わないので、マクロさえ実行しなければ水際で被害を防止できます。
Wordファイルを開いたときに、「コンテンツの有効化」というボタンが表示された場合は、安全であることが
確認できてからクリックするようにしてください。
怪しければ無視しましょう。

 設定によっては、マクロが自動実行してしまうこともあります。Wordの「オプション」設定から「セキュリティ センター」
(または「トラスト センター」)を開き、「マクロの設定」で「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」に
チェックを入れておきましょう。マクロを実行する際に、確認メッセージが出るようになります。

20200215_002.png
マクロを実行すると、マルウェアに感染してしまう(画面は、JPCERT/CCの「マルウエアEmotetへの対応FAQ」より)

20200215_003.png
Wordのマクロ自動実行機能をオフにしておく

 JPCERT/CCは、Emotetの感染チェックのためのツール「EmoCheck」を公開しています。
怪しいWordファイルを開いた心当たりがあるなら、GitHubからダウンロードして実行しましょう。
ファイル名は、32ビット環境なら「emocheck_x86.exe」、64ビット環境なら「emocheck_x64.exe」です。

20200215_004.png
GitHubからダウンロードした「EmoCheck」を実行した画面

 Emotetは、感染すると、自分の友達にも迷惑をかけてしまうので、ぜひとも防御したいマルウェアです。
病気の予防はとても注意を引かれる話題ですが、警戒心を薄めないように注意が必要です。
ぜひ、コンピューターウイルスの感染にも注意を払うよう、家族やご両親と情報を共有しておいてください。
------------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 新型コロナウイルス ウイルスメール

新型コロナウイルスはまだ収束しない

まだ収束の気配を見せない新型コロナウイルス

中国国内ではまだまだ感染が広まっているようです。

AbemaTIMES:湖北省の死者、1日で242人増え1310人に 感染者は4万8000人超

以下引用----------------------------------------------
 湖北省の衛生当局は13日、新型コロナウイルスによる死者は、湖北省だけで新たに242人増えて1310人に
のぼると発表した。

 1日で200人以上の死亡が確認されたのは初めてで、中国本土での死者は少なくとも1355人となる。
感染者は、湖北省だけで新たに1万4840人増えて4万8206人となり、そのうち5647人が重症で、
1437人が危険な状態だという。
------------------------------------------------------

日本国内も危険だなぁ・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 新型コロナウイルス

新型コロナめぐりエアロゾル感染説 中国発表に専門家は疑いも

また、中国がやらかしたかもしれません。

livedoorNEWS(J-CASTテレビウォッチ):ええっ、呼吸するだけで感染する!?
                    中国当局が発表した新説が信用できない理由


以下引用----------------------------------------------
新型コロナウイルスの感染経路について、中国の上海当局がおととい8日(2020年2月)、
「エアロゾル感染ではないか」との専門家の意見を発表した。これまでは咳やくしゃみによる「飛沫感染」と、
感染者に触れることによる「接触感染」が言われていた。どういうものなのか。

東京歯科大の寺嶋毅教授によると、「エアロゾル」とは空気中に漂う小さな粒子のこと。
飛沫感染ではウイルスはふくんだ水分が体外に飛び出て他の人に感染を広げるが、エアロゾル感染では、
ウイルスは水分が蒸発しても生き延びて空気中を漂い続ける。「マスクをしても、網の目を通ってしまう」
「ウイルスはとても軽く、遠くまで行くことがある」という。

中国当局は自分に責任ないと言いたいのか」
司会の加藤浩次「水分が蒸発しても死滅しないウイルスで、呼吸するだけで感染する可能性があるということですね。
もしエアロゾル感染なら、感染者は莫大に広がる。
ネットで騒いでいる人もいるが、出どころが上海では、どれぐらい信ぴょう性があるかという気がします」

寺嶋教授は「日本の状況を見ると、とても空気(を吸い込むエアロゾル)の感染とは思えない」と指摘する。

橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「あれ、政治的背景があるなと一瞬思った。中国当局には人災だという批判まである。
いかんともしがたいウイルスそのものの問題というために出てきたのではないか」

加藤「中国当局は(自分に)責任ないと言いたいのか。いろんな情報があるが、冷静に考えないといけない」

寺嶋教授は「私はやはり飛沫感染、接触感染だと思います」と否定的だ。
------------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : コロナウイルス 中国

新型コロナウイルス、エアロゾル感染(空気感染)を確認

連続宿直勤務明けの管理人です。

新型コロナウイルスによる肺炎で、空気感染が確認された模様です。

痛いニュース:新型コロナウイルス、エアロゾル感染を確認

以下引用----------------------------------------------
※中→日の自動翻訳です

中国の公式保健部は土曜日(2月8日)に、新しいコロナウイルスが空中を伝染する可能性があることを
確認しました。

上海で開催された記者会見で、健康および伝染病予防の専門家は、直接感染および接触感染に加えて、
新しいクラウン肺炎の感染経路には「エアロゾル感染」も含まれることを確認しました。

エアロゾルは、気体媒体に分散または懸濁した固体または液体の小粒子によって形成されるコロイド分散系です。
簡単に言えば、エアロゾルは、空気中に安定して分散および浮遊している小さな液体または固体粒子であり、
肉眼では見ることができません。

いわゆる「エアロゾル伝播」とは、液滴が空気中で混合されて「エアロゾル」を形成し、吸入後に感染を
引き起こすことを意味します。

以前は、2月5日に、国家保健医療委員会のWebサイトが
「新しいコロナウイルス感染肺炎の診断と治療(第5版)」を公開しました。未定」。

3日間の間隔の後、エアロゾルの伝播経路は中国の公式の保健局によって確認されました。

エアロゾルと液滴の伝送の違いは、伝送距離です。飛沫と接触感染は近距離で発生しますが、
エアロゾルは長距離を移動するため、非接触感染のリスクが高まります。

全文はソースで(中文)
https://www.bbc.com/zhongwen/simp/world-51427216
------------------------------------------------------

リンク先抜粋--------------------------------------------
武漢肺炎:中国におけるエアロゾルを介した新冠ウイルス感染の確認
中国の政府保健当局は土曜日(2月8日)、新型コロナウイルスが空気を通じて伝染できることを確認した。

上海で行われた記者会見で衛生防疫専門家は、新型肺炎の伝播ルートには、直接の伝播、接触による伝播以外に、
"エーロゾル伝播"も含まれていることを確認した。

エーロゾル(エーロゾル)は固体或いは液体小質点が分散して更に気体媒介に懸濁して形成するコロイド分散系である。
分かりやすく言うと、エアロゾルとは、空気中に安定的に分散して浮遊している液体や固体の小さな粒子のことで、
肉眼では見えません。

いわゆる"エーロゾル伝播"とは、飛沫が空気中に混ざり"エアロゾル"を形成し、吸入することで感染が起こります。

武漢肺炎:ウイルスはあなたの体にどのように影響しますか?
武漢肺炎:医療用マスクはウイルスの拡散を防ぐか?
あなたの手の洗い方は間違っていますか?

これに先立つ2月5日に中国国家保健委員会がWebサイトで公開した
新型コロナウイルス感染症の肺炎治療方案(試作第5版.)》では、ウイルスの感染経路についての記述が
"エーロゾルや消化管などの感染経路はまだ解明されていません"としている。

3日ぶりに中国当局の確認を受けた。

エーロゾル感染と飛沫感染経路の違いは伝播距離である。飛沫感染と接触感染は、より近距離で発生するが、
エアロゾルの伝播ははるかに遠く、無接触感染のリスクを高める。
------------------------------------------------------
↑翻訳はお試し版みらい翻訳で自動翻訳

空気感染・・・。混んだ電車乗るだけで危険・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 新型コロナウイルス 空気感染 中国

検査拒否の男は「自由意志やろ!」と叫んだ

武漢からの第一便で帰国して、検査拒否した二人の様子が記事になっていました。

livedoorNEWS(デイリー新潮):【新型コロナ】チャーター便で帰国後、
                検査拒否の男は「自由意志やろ!」と叫んだ


以下引用----------------------------------------------
 中国本土での新型コロナウィルスの感染者は早くも2万人を突破した。
これに先立つ1月29日、感染源である中国・武漢から邦人206人を乗せたチャーター機の第1便が日本に降り立った。
その中にウイルス検査を拒否して帰宅した者が2名いたことは記憶に新しい。なぜ、彼らはそんな行動に出たのか、
同乗した邦人ビジネスマンがその際の様子を語る――。

 ***

「ともに30代くらいの男性で、そのうちのひとりは政府の職員に向かって大声で怒鳴っていました」

 と、彼らの印象を語ったのは、同乗していた邦人ビジネスマンだ。

 29日午前8時40分、206人を乗せたANAのボーイング767-300ER型機が羽田に到着。
乗客はみな疲労困憊だった。昨年末から続いた新型コロナウィルスによるパンデミックの本拠地から
ようやく逃げおおせたのだ。もちろん、自分も感染していないとは限らない。
羽田から新宿メディカルセンターに移動し、ウィルスの感染検査を受けることになっていた。
ところが、到着ロビーでは関西弁の怒声が響き渡っていたという。

《(検査を受けるか否かは)自由意志やろ!》

《帰れるやろが!》

《なんでなん!》

 帰宅者は、こう叫んでいたという。

「周りのみんなが失笑していた。私自身も、同じ日本人として恥ずかしいと思いました」(前出のビジネスマン)

 結局、この2人、翌日には「検査を受けたい」と申し出ることになるのだが……。
------------------------------------------------------

この二人は、きっとネットで晒されて特定されるとでも思ったのかなぁ・・・
最初から素直に検査受ければいいのに・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 新型コロナウィルス 中国

管理人、軽い「睡眠時無呼吸症候群」だった

呼吸器内科で先日ポータブル機器を持ち帰り、一晩測定したものを今日呼吸器内科で提出、受診してきた。

OFFの雑記:突発的に眠ってしまうので、睡眠の診察を行っている病院に行ってきた

で、結果はというと・・・

20200204_001.jpg

やはり、軽い睡眠時無呼吸症候群でしたが、特段の治療は必要ないレベルとのこと。

いきなり眠ってしまうのは、心療内科で処方されている薬の作用によるものの可能性が高いとのこと。

とはいっても、薬はそう簡単に替えられないしなぁ・・・、まぁ一応報告するかなぁ・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

tag : 睡眠時無呼吸症候群

武漢市の感染者、実際は39倍?

宿直明けの管理人です。

武漢市の感染者数に疑惑が出ています。

livedoorNEWS(共同通信):武漢の感染者、実際は39倍? 帰国した邦人と比較

以下引用----------------------------------------------
 【北京共同】中国湖北省武漢市からチャーター機で日本へ帰国した邦人の新型コロナウイルス感染率が高いと、
中国で驚きの声が上がっている。中国当局が発表した同市の感染者の割合に比べ「39倍も高い」というのだ。
現地は医療現場が混乱しているため、実際には発表よりかなり多くの感染者がいる可能性がある。

 日本政府はチャーター機計3便を武漢市に派遣し、邦人565人が帰国した。厚生労働省によると、
チャーター機に乗っていた感染者は、症状のない人も含め計8人。感染率は1.416%だ。

 一方、1月31日現在、武漢市の感染者数は3215人で、感染率は0.036%にとどまった。
------------------------------------------------------

39倍だとすると、3215人×39=125,385人となる。

もう、やはりパンデミックだ。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : コロナウイルス 中国

ノロウイルス感染を上司に報告「仕事に来て」と驚くべき返答

20年以上前にまだノロウイルスと病名が出る前に感染した管理人です。
この時は一週間下痢と嘔吐に見舞われ、体重が6kg落ちました。
当然仕事はお休みしましたが・・・

livedoorNEWS(citrus):ノロウィルスにかかったことが判明して上司に報告したら…
               信じられない返答に震えが止まらない「職場崩壊の予感」


以下引用----------------------------------------------
寒くなってきて、インフルエンザやノロウィルスが流行る季節。

最近では、中国で流行しているコロナウイルスなども不安ですよね。咳エチケット、マスクの着用など、
お互いに自衛していく必要があります。

そんななか、不運にもノロウィルスにかかってしまった、はせやん∫情シス(@Haseyan_sys)さんの投稿が
話題になっています。

その投稿とは……。

ノロウイルスにかかりました。

上司に報告したところ、「簡単に移らないでしょ?仕事に来てください」

とのことでしたのでパンデミックしてきます。

- はせやん∫情シス (@Haseyan_sys) January 28, 2020

うわー……! ノロウィルスは、おう吐・下痢などの胃腸炎症状を起こすウイルス。非常に感染力が強いと言われています。
それを「簡単に移らない」なんて……。

これには「無知とは恐ろしい」「職場崩壊の予感」「インフルエンサーデビューですね」など、同情のコメントが
殺到しました。
ノロウィルスにかかってしまったら、自宅で安静にさせるのが本人のためですし、会社のためにもなります。

うがいと手洗いを心掛け、冬の風邪・感染症には十分気を付けましょう。
------------------------------------------------------

新型ウイルスが話題ですが、インフルエンザ、ノロウイルスにも気を付けましょう。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : ノロウイルス

突発的に眠ってしまうので、睡眠の診察を行っている病院に行ってきた

ここ数年、仕事中にイスに座ると数秒で「落ちる」ように寝てしまう症状が出ていたが、
ここ最近症状が程くなってきたので、睡眠障害の診察を行っている専門医に診察に行ってみた。

事前にネットで調べて「眠り病(ナルコレピシー)」かと思い、聞いてみると
「思春期の子しかならない病気だよ」と言われてしまった。

で、疑われたのは「睡眠時無呼吸症候群」。

で、検査は一晩泊りで体の状態を計測する診察方法と、ポータブル機器を持ち帰り、自宅で酸素濃度などを
計測する診察方法。

休みがとれる状態ではないので、後者を選択。

すると、診察後に機器を渡され説明を受けることに。後日返却して10分ほどで結果が出るという。

20200201_001.jpg
20200201_002.jpg

指先に計測器と鼻にチューブ・・・。

さて、どんな結果が出るか不安・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : 睡眠 診察

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
注目記事