FC2ブログ

反省するそぶり見せないYouTuberの問題

YouTuberの暴走が問題になっているようです。

livedoorNEWS(現代ビジネス):炎上望むYouTuber、過激化の危うい実態
                  ~川崎事件から考える カネと承認を求めて…


以下引用--------------------------------------------
5月28日に、川崎市登戸駅周辺で小学生などが狙われる大量殺傷事件が起きた。
その同日、YouTuberの「しんやっちょ」と「金バエ」が、事件現場から動画を生配信していたとして
批判を浴びている。

生配信の前にもしんやっちょは、自分の動画チャンネル「しんやっちゅーぶ」で、
「川崎で小学生や大人が刺された襲撃事件 確保した男は包丁で自害」という動画を公開。
サムネイルは、相方である金バエがしんやっちょを刺しているように見える不謹慎なものだ。

なぜYouTuberたちはこのような不適切な動画を投稿してしまうのか。他にもネット上で多数見つかる
類似の事例も参照しながら、理由と問題点を考えていきたい。

事件現場から生動画配信で大炎上
執筆している6月3日現在、同動画の再生数は約5万7000件だが、高評価が200に対して、
低評価が7100と、低評価が圧倒的多数となっている。批判コメントが1000件以上つき、
炎上状態と言って差し支えない。

この動画では、しんやっちょと金バエの二人が、事件の背景や加害者についてワイドショーのように
推察している。
「子どもを襲っている時点でそれほど強くない。〈中略〉本来ならね、幸せそうなカップルを殺すと思う」
「肉体も弱いし社会的地位もない。精神的にも弱い」「老害か子どもしか狙ってない」と、
加害者像について語り合う。「巻き込まれた人はね、運がなかった」と笑い合う場面も見られる。

その後、事件現場から生配信を開始。視聴者から炎上を心配する声があがったが、被害者にとっては、
取材・撮影で訪れるのがマスコミでもYoutuberでも関係ない、あくまでフリージャーナリスト
(しんやっちょ、金バエのことはこう自称している)かメディアかの違いがあるだけで、怒られる
筋合いはないという旨の持論を展開していた。

当然ながら、両動画などに対しては批判が殺到。批判が続いたことを受けて二人は謝罪動画を配信したが、
タイトルからして「笑ってはいけない川崎事件 謝男(シャーマン)」というふざけたものだった。
金バエは「人気者になれて嬉しい」とビールを飲みながらニヤニヤしており、まったく謝罪になっていない
動画だったため、さらに炎上状態が続いている。

炎上は知名度・収入アップに直結
なぜ彼らは、明らかに炎上する動画を投稿したのだろうか。しんやっちょは、
「サムネ画像からしてある程度炎上したりとか、不謹慎と言われるのは覚悟」していたと謝罪動画内で語っている。
つまり、あえて炎上しそうな動画を投稿したと考えられるのだ。

そもそもYouTuber動画の世界はレッドオーシャン化している。よほどのことをしなければ差異化ができず、
注目されることもない状態だ。そんななか、なんとか差別化を図る思惑のもと、動画はどんどん過激化しており、
犯罪スレスレの動画も投稿される傾向にある。
同時に、YouTubeでは再生数に応じた広告料が得られるようになっており、炎上は再生数増につながるため、
そうした過激行動はYouTuberにとっては収入につながる行為でもある。

実際、YouTuberによる不適切動画投稿がこのところ多数続いている。
今年3月には、チャンネル登録者数130万人を超えるYouTubeチャンネル「ジョーブログ」が、
「スクランブル交差点にガチベッドで寝てみた」という渋谷のスクランブル交差点にベッドを置いて
寝そべる動画を公開、道交法違反容疑で捜査される羽目に陥った。警察に出頭する様子を撮影した
動画内でも「炎上とかはこれからもすると思う」と語るなど、反省する様子は微塵も見られなかった。

ホリエモンこと堀江貴文氏も、2018年8月に放送されたテレビ番組で、「炎上はむちゃくちゃ効率がいい」と
語っている。
ホリエモン氏は有料メルマガなどのコンテンツを持っているため、知名度がそのまま収入増につながる可能性が高い。
つまり、炎上がニュースとなり報道されることで、宣伝につながるというわけだ。

このような手法は「炎上商法」「炎上マーケティング」などと呼ばれることがある。
ただし、ホリエモン氏の場合は炎上しても他人に迷惑をかけるわけではない。
一方で、前述のYoutuberの動画のように、自分の収益のために他人に迷惑をかけたり、他人を
傷つけたりするものもある。そうした炎上商法は論外だろう。

死が「エンタメ化」される側面も
既に述べたとおり、動画投稿者の目的は、知名度向上とそれによる収益向上だ。
しかし、それ以外にもそのような動画を投稿してしまいやすい「環境」が現代社会にはあるのではないか。
殺人や事件さえ“ネタ化”してしまうSNSの現状も影響していると考えられるのである。

たとえば5月25日深夜に愛知県名古屋市中区栄の繁華街で男による殺人が行われたが、
この様子を撮影した動画が、あるユーザーによってTwitterに投稿された。

「動画は削除すべき」などと批判されても、投稿者はアカウント名を「炎上中」に変更し、
開き直るような投稿をしていた(現在はアカウントロック中)。また、投稿した動画を示す「殺人動画」という
単語がトレンド入りしたことを喜んでいるような投稿も見られた。

5月23日には、東新宿付近で21歳女性による殺人未遂事件が起きたが、血まみれの容疑者と
倒れた被害者の写真がやはりTwitterで拡散された。殺人未遂の事件という陰惨な事態を撮影・投稿する
ユーザーがおり、それを拡散してしまうユーザーも多数いたというわけだ。

3月15日に起きたニュージーランド銃乱射事件でも、事件の様子が加害者によってFacebookでライブ配信された。
Facebookは途中でこの配信を止めたが、YouTubeやTwitter、Instagramなどで広く拡散されてしまった。
Facebookはこれを受けて、ライブ配信規制強化、Facebook上でのヘイトや差別発言の禁止などの
対策を決定している。

悪意あるコンテンツは拡散しないこと
投稿者が炎上につながる動画や写真を投稿するのは、自己顕示欲や承認欲求を満たしたいという
動機が大きいだろう。
自分の発信が周囲に与える影響の大きさが快楽であり、注目が集まり話題になることが喜びなのだ。
同時にYouTuberにとっては、前述の通り、収益につながるというメリットもある。

しかし、こうした危うい動画や画像を拡散させてしまったのは、一般ユーザーである。拡散につながったのは、
面白半分や嫌がらせといった動機でリツイートしたりシェアしたりしてしまうユーザーが少なくなかったためだ。
死さえもエンタメ化、コンテンツ化しているのが今のSNSだ。誰かが死ぬという出来事すらも、
自分が儲けたり目立ったりするための道具として利用するユーザーがいるのだ。

とはいえ筆者が見る限り、多くのユーザーは、このような動画や写真が拡散されることで悲しんだり、
驚いたり、気分が悪くなったり、傷ついたりしていた。他のユーザーを傷つけたり、悲しませたりしないためには、
一般のユーザーは拡散に協力しないことが大切だろう。

Facebook社が種類によってはライブ配信を制限することを決定したが、Twitterなどではまだまだ自由に
拡散できる状態だ。
少しでも早く、このような悪意あるコンテンツには相応の対応がなされ、収益化につながらないような
対処が行われることを願っている。
----------------------------------------------------

今回のような動画は、話題だからと言って再生するとYouTuberの思うつぼになって、収益化して
しまうので、再生しないようにしましょう。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : YouTuber

YouTubeで年収数億円は可能?

Youtubeで全然稼げていない管理人です。

数億円稼ぐことも可能なようで・・・。

livedoorNEWS(DIGIDAY):年収数億円は本当か。元トップYouTuberが語る収入の実態

以下引用---------------------------------------------------------------------------
8月15日に人気YouTuber・ヒカル氏が個人の価値を株式に似た仕組みで売買するプラットフォーム「VALU」で起こした、
売り逃げ騒動。炎上から3週間後、ヒカル氏は9月4日、自身の動画チャンネルで無期限の活動休止を宣言、
自身が所属するグループ「NextStage」も解散を発表した。一方で、YouTuberの制作活動を支える
「UUUM(ウーム)」社は8月末に東京証券取引所マザーズ市場に上場した。

芸能人でも一般人でもないYouTuberという仕事。その年収について例えばヒカル氏は「年収5億」の勢いだと公言し
話題になっていた。しかし実際のところ、億単位の収入があるとして、その内訳や生活はどんな実態なのか。
Business Insider Japanの取材に応じたトップYouTuber経験者、および彼らの実態に詳しい業界関係者たちの話から、
「職業:YouTuber」をひも解いてみたい。

炎上したら「活動休止」が最善
YouTuberという生き方を最もよく知るのは、YouTuber本人しかいない。今回、日本のYouTuber第1世代で
トップYouTuberの世界を知る人物として、マックスむらい氏が「自身の経験範囲内でよければ」という前提で
インタビューに応じた。ネット上では有名な話だが、マックスむらい氏も2016年2月、自身が創業したAppBank社の
元役員が起こした横領事件に関連して、「風評被害」から炎上騒ぎになったことがある。事件の後
マックスむらいチャンネルには低評価が殺到し、チャンネル登録者数は激減した
(2017年2月、同元役員は詐欺罪での実刑判決が確定している)。取材に対してマックスむらい氏は
「2016年度、人生で初めて会社が赤字を計上した。正直ショックでした」と言い、炎上事件の影響は自分の
コントロールできる範囲を超えている、と率直に語った。「(炎上は)何をしても止められません。正直、休止する、
以外にやれることはない。私の場合はいろいろな理由で続けていましたが、罵倒の声は止まらず、
周りからは人もサーッと離れていく。自分では、本当にどうしようもなかった」

月7000万回再生なら1500万円以上の月収も
職業としてのYouTuberを語る上で必ずクローズアップされるのが、その年収だ。トップYouTuberの一般的な収入の
内訳は、一体どうなっているのか。マックスむらい氏はBusiness Insider Japanの質問に、「YouTuberの一般的な収支、
というものを説明することはほぼ不可能ですよ。YouTuberがグーグルから受け取る収益は再生回数で一概に
計算できるものではないですから」と説明する。YouTuberがグーグルから受け取る収益はAdSenseや
DoubleClickといったさまざまな広告によるものがあり、その種類や動画に表示する広告の価格など多様な要素に
左右される。グーグル広報もこうした背景から「一概にお答えすることはできません」と回答する。
いわゆる「1再生で●円」というのは、多様な広告収益からの換算金額ということになり、「1PVあたりの収益」も
YouTuberによって異なってくる。あるYouTuber関係者によると、7000-8000万回再生で月に約1500万円以上の
広告収入がある例もあるという。換算すると、1PVあたり0.2円近い数字だ。その一方で、「1PVあたりの
収益率が0.1円未満のYouTuberも少なくない」と前出の関係者は語る。もう1つの疑問である年収について。
トップYouTuberに限るとしても、年収2億や3億という数字はどこまで現実的なのだろうか?これについて
マックスむらい氏は「全然いけると思う」と即答する。ただし、内訳は人によって違い、広告の繁忙期(12月や3月)と
閑散期で収益が変動するため、x12カ月のような単純計算にはならない。

炎上でスポンサー企業は?
ここまではYouTubeからの収益だが、インフルエンサーとして影響力が大きくなれば、企業からタイアップ動画の
オファーも舞い込む。全YouTuberの「トップ数%の人の話」とはいえ、大きな収入源だ。YouTube上に「チャンネル」
という独自のメディアを持つYouTuber。芸能人であればスキャンダルが起きれば、テレビ番組の出演見合わせ、
場合により降板になるが、YouTuberは自身が活動の中止や続行を決められる。だが、スポンサー企業が広告を
「降りる」ケースもあるのだろうか?

「大したことがない事件であれば問題視しないスポンサーもいますが、やはり炎上の程度によっては、
影響がないとは言いきれませんね」YouTuberと企業のコラボレーションプラットフォーム「BitStar」を運営する
株式会社BizcastCEOの渡邉拓氏はそう語る。出演自体に対価が支払われるCMなどのマスメディア広告と違い、
YouTuberのタイアップ動画は主に成果報酬型だ。最近は、動画の再生回数の結果(CPV=Cost Per View)に
応じて支払われるものが主流になっている。近年急速に広まっている企業とYouTuberのタイアップ広告。
テレビと違い、「こういう事態が起きたら、広告打ち切り」といった業界慣習がまだ整備されていないため、
トラブルとそうでないことの線引きもまだ難しいのが現状だ。それでも、スポンサー企業にとって炎上のリスクは大きい。

タイアップ広告は1案件1500万円になることも
タイアップ動画の収益は、YouTuberやスポンサー企業により異なるが、「ゲームなどジャンル特化型の
YouTuberであれば1PVあたり数円代後半から10円代。さまざまなジャンルの動画を投稿するYouTuberであれば、
数円代前半から後半になる」と渡邉氏。さらに、こう話す。「YouTuberにタイアップ動画案件を出す主な業界は、
ゲーム会社と美容系企業。この2つの業界はすでにタイアップ動画の『型』もできてきている」YouTuber人気に伴い、
ここ最近は旅行関連企業や飲食系などより広い業界の企業が案件を依頼するようになってきているという。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=106&v=P6eKQ7zbtT8ソフトバンクが人気YouTuber、
Fischer's-フィッシャーズ-とタイアップした広告の例

 
「いま、月に予算数千万円を出すクライアントもいる。動画経由で(企業の)ウェブサイトに来るユーザーは
そうでないユーザーと比べてページの滞在時間が3倍長いなど、数字に現れる効果も出ている。
他の業界に広がっていくのも時間の問題だと思います」(渡邉氏)ある業界関係者によると、トップレベルの
YouTuberでは、1つのタイアップ動画での広告収入が1500万円ほどになることもあるという。
ここにYouTubeからの収入も入るのであれば、全盛期のヒカル氏なら「年収5億円」が見える世界に
なったとしても不思議ではない。

ヒカルさんには感謝しかない
奇しくも、VALU炎上騒動の1週間前にヒカル氏と「コラボ動画」を出していたマックスむらい氏。
動画では、AppBankの横領事件の詳細と以降の生活について語っていた。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=53&v=qzSdlsYjnqc2017年8月7日に投稿された
マックスむらい氏とヒカル氏のコラボ動画

 
前後して公開された3つのコラボ動画は2017年9月18日現在、累計560万回再生を越えている。
この放送がきっかけでマックスむらい氏自身のチャンネルの再生回数は5倍に伸び、現在もポジティブな状況は
続いているという。ヒカル氏とのコラボに関連したコメントで印象的だったのは、インタビューのなかで
マックスむらい氏がぽつりと漏らした一言だ。「YouTuberが自力で息を吹き返すのは(自身の経験から)
本当に難しい。何かきっかけがないとまず無理ですね。ヒカルさんとのコラボには感謝しかありません」
-----------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : なんだかなぁ~。。。
ジャンル : ブログ

tag : YouTuber Youtube

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング