FC2ブログ

Western DigitalのNAS向け「WD Red」が「RAIDに不向き」な仕様にこっそり変更されていたことが判明

宿直勤務明けの管理人です。

NASには現在、Western DigitalのBlueを使用していますが、本来はRedを使用したいと
考えていましたが・・・

Gigazine:WDのNAS向けHDD「WD Red」の記録方式が「RAIDに不向き」な仕様にこっそり
      変更されていたことが判明


以下抜粋-----------------------------------------------
大手HDDメーカーであるWestern Digital(WD)のNAS用HDDシリーズ「WD Red」の記録方式が、モデルチェンジの際に
ランダムライトアクセスに不向きとされるSMR方式に表記なく変更されており、WD Redシリーズを用いた
RAIDの再同期に問題が生じるケースがあるとストレージに関するニュースサイト「Blocks & Files」が報じています。

Western Digital admits 2TB-6TB WD Red NAS drives use shingled magnetic recording – Blocks and Files
https://blocksandfiles.com/2020/04/14/wd-red-nas-drives-shingled-magnetic-recording/

Seagate 'submarines' SMR into 3 Barracuda drives and a Desktop HDD – Blocks and Files
https://blocksandfiles.com/2020/04/15/seagate-2-4-and-8tb-barracuda-and-desktop-hdd-smr/

Shingled hard drives have non-shingled zones for caching writes – Blocks and Files
https://blocksandfiles.com/2020/04/15/shingled-drives-have-non-shingled-zones-for-caching-writes/

SMRはトラックを重ね合わせてデータを記録する技術で、HDD容量を増大させられる代わりにデータの書き換えが
非効率であり、SMRを採用したHDDは頻繁にデータを書き換える用途には適していないとされています。
SMRについては、以下の記事を読むとその仕組みがよくわかります。

ついに容量5TBのハードディスクが2014年に登場、2020年には20TBへ - GIGAZINE
-------------------------------------------------------

う~ん・・・Redにそんな問題があったとは・・・
導入は見送ろうかなぁ・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : Western Digital HDD

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング