FC2ブログ

新型AirPodsが登場

宿直明けの管理人です。

新型の「耳からうどん」。もとい、AirPodsが発売されたようです。

livedoorNEWS(ギズモード・ジャパン):うどんっぽさが消えた「AirPods Pro」が発表!
                  ノイキャン搭載で2万7800円なり


以下引用-------------------------------------------------
20191029_001.jpeg
Image: Apple

ノイキャンはどれくらい強力かな?

新型AirPods、いきなりの登場ですよ! アクティブノイズキャンセリングに対応した「AirPods Pro」が、
2万7800円(税別)でストアに掲載されました。日本では2019年10月30日、店舗とオンラインストアで発売。

20191029_002.jpg
Image: Apple
装着したようす。耳から「垂れている感」が減った

AirPods Proはマイクで拾ったノイズの逆位相の音で打ち消す、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載。
これまでのAirPodsの開放型から密閉型(カナル型)へとデザインが変化し、イヤーチップも取り替え可能。
3サイズのイヤーチップが付属します。

20191029_003.jpg
Image: Apple
ノイズキャンセルや外部音取り込みモードは、コントロールセンターから操作できるみたい

カナル型になったことで「外部音取り込みモード」も搭載され、周囲の人の声も自然に聞くことができるそう。

20191029_005.jpeg
Image: Apple

イヤホン内部には、高音質を謳う専用ドライバを搭載。さらにAppleお得意のH1チップにより、ケースから
取り出すだけですぐに使え、またイヤホンのタップで電話や音楽のコントロール、さらに長押しで
ノイズキャンセリングと外部音取り込み機能の切り替えができます。

20191029_006.jpg
Image: Apple
AirPods Pro専用にSIP(システム・イン・パッケージ)が用意された。このSIPにはH1チップも含む

イヤホンは満充電状態で最大4.5時間(ノイキャンON)の音楽再生が可能。AirPodsから30分ダウンしています。
しかしケースで充電すれば24時間以上の音楽再生ができ、これはAirPodsと比べても変化なし。
またケースもワイヤレス充電が可能です。イヤホン本体はIPX4の耐汗耐水性能を新たに追加し、
ジムなどでも安心して利用できます。

完全ワイヤレスイヤホンは、Google(グーグル)の「Pixel Buds」、Amazon(アマゾン)の「Echo Buds」、
Microsoft(マイクロソフト)の「Surface Earbuds」など、次々とAppleのライバル企業から発表されています。

またノイズキャンセリングといえば今年、ソニーの「WF-1000XM3」が大ヒットしています。
完全ワイヤレスイヤホンの火付け役であるAirPodsがノイキャンでも覇権を握れるのか注目ですね。

Source: Apple(1, 2)
---------------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : AirPods

AirPodsは低音域の音響に欠点?

AirPodsを付けている人を見ると、どうしても「耳からうどん」に見えてしまう管理人です。

livedoorNEWS(Engadget 日本版):AirPods、音質テストでGalaxy Budsに完敗。総合スコア56対86の大差

以下引用------------------------------------------------
20190829_003.jpg

スマートフォンで激戦を繰り広げるアップルとサムスンの完全ワイヤレスイヤホン製品として、
よく互いに比較の対象とされるAirPodsとGalaxy Buds。米Consumer Reportsが両者の
「音質テスト」(AirPodsは第2世代)を実施し、Galaxy Budsが地滑り的な勝利を収めたと報じられています。
Consumer Reportsは、非営利の消費者団体が発行している米国の情報誌。独自の試験や会員への
アンケートなどにより、様々な製品やサービスの比較検討したうえで調査結果をレポートしています。

新たなレポートによると、AirPodsは音楽や映画の音声をカジュアルに聞く上では「まともな仕事」をしているものの、
いくつかの「明らかな欠点」があるとのこと。弱点の1つは低音で、キックドラムのような物理的に強烈な音は
問題ないものの、音には奥行きがなし。低音域では満足できる音響が実現できていないと述べられています。

またミッドレンジにも問題があり、多くの楽器が鳴っている場合は混み合った感じがしてぼやけてしまい、
1つ1つの音を聴き取るのが困難だとのことです。さらにシンバルのような繊細な高音は不鮮明になり、
この音域ではiPhoneに付属してくる有線イヤフォンとほぼ同じだというテスターの声も紹介されています。

かたやGalaxy Budsの欠点はわずかとされています。まず低音にはクセはあるものの明らかな深みがあり、
中音域や高音域も大幅に(前モデルより)改善。AirPodsよりもはるかに鮮明でダイナミックに、
音響スペクトル全体のニュアンスが強調していると評されています。

耳に装着するスタイルについては、Consumuer Reportsは「ユーザーごとに好みが異なる」という事情を尊重し、
優劣は付けていません。Galaxy Budsのしっかり耳孔にはまるタイプが好きな人もいれば、AirPodsのように
緩い感じが好きな人もいるということです。

さらに同レポートでは、第2世代AirPodsのApple H1チップを介した他のアップル製デバイスとの
統合(Siriコントロールなど)や、充電ケースの小ささも高く評価。
ただし、AirPodsはタップによる制御のしやすさ(特にAndroidでの使用時)に問題を抱えているとも指摘されています。

最終的な結論としては、AirPodsはConsumer Reportsの「推奨」を得るには至っていません。Galaxy Budsの
総合スコアが86に対して、AirPodsはわずか56に留まり、圧倒的な差を付けられています。

同レポートは「多くの人々がこの音質を完全に受け入れられると感じるでしょう」としており、音質にこだわらなければ
AirPodsのクォリティでも十分だと示唆しています。とはいえ、パフォーマンスを求めるなら、Galaxy Budsが真の市場で
最高のワイヤレスヘッドフォンであるとテストが示しているとのことです。

そもそもAirPodsは遮蔽性に乏しくて外界の音が侵入しやすい構造ゆえに、駅のホームでまともに音楽を
楽しむことも難しく「音質以前」という感はあります。たびたび噂されているノイズキャンセル機能を搭載した
新型(どう実装するかは謎ですが)の登場を待ち望むユーザーも多そうです。
--------------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : AirPods

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング