FC2ブログ

ヤフオクで容疑者のHDD出品、入社後急増

HDD盗難、大規模情報流出の続報です。

朝日新聞DIGITAL:容疑者のHDD出品、入社後急増 落札総額1200万円

以下引用-------------------------------------------------
 神奈川県庁の行政文書を含むハードディスク(HDD)が転売された問題で、別のHDDを盗んだとして逮捕された
高橋雄一容疑者はブロードリンクに入社した2016年以降、ネットオークションサイト「ヤフオク!」に多数の
出品を繰り返していた。
流出したHDDもヤフオクを通じて転売されていた。

 朝日新聞が高橋容疑者の出品履歴を確認したところ、07年以降の総数は少なくとも5200件に上った。

 15年までは多くても年100件ほどだった出品は、16年に約650件と急増。以降は右肩上がりで増え、
19年は今月6日の逮捕までに約2千件。16年以降の出品数は約4700件で、落札総額は1200万円を
超えていた。

 出品していたのは、HDDやUSBメモリーといった記憶媒体、スマートフォンのイヤホンや充電器、
防水・防塵(ぼうじん)デジタルカメラなどが大半だった。HDDの出品は18年以降に目立ち、
約570件が確認できた。

 高橋容疑者は、ヤフオクで転売された神奈川県のHDD18個について社内調査に持ち出しを認めた。

 ブロードリンク幹部によると、高橋容疑者の出品履歴は流出問題の調査の過程で把握したという。
神奈川県の行政文書を含む18個と今月持ち出そうとした12個のほかにも、不正に
持ち出したものがないか調べている。

 高橋容疑者は16年2月にブロードリンクに入社。警視庁の調べに対し、「16年3月ごろから盗んでいた」と
供述しているという。

架空の住所使い発送
 高橋容疑者は、神奈川県の行政文書が蓄積されたHDDを落札者に送る際、発送元として
川崎市の架空の住所を記していた。

 朝日新聞が発送伝票をもとに追跡したところ、高橋容疑者が働いていたブロードリンクの
本部テクニカルセンター(東京都大田区)に近い大森郵便局を経由し、ゆうパックで送られていたことが
判明した。

 同社関係者によると、高橋容疑者は社内調査に対し、不正に持ち出したHDDを
「センター敷地内にあるコンビニエンスストアに持ち込んで発送した」と説明したという。
落札まではHDDをセンター内に保管し、発送時に持ち出した可能性がある。

 過去に落札したことがあるパソコン修理会社代表の男性(45)は、出品量の多さや頻度、特定業務に
用いる商品が目立つことなどから、「個人ではなく業者と思った」と話す。
別の男性も、神奈川県のHDDと同じ架空の住所が発送元として書かれていたと答えた。
「何かトラブルがあったときに返品もできない。こんなことが許されるのか」

 ヤフオクのガイドラインには、架空住所の記載を禁じる項目は見当たらなかった。
運営するヤフーの広報担当者は取材に、架空住所を発送元として記すことの是非については明言せず、
「トラブルが生じた場合はヤフオクに連絡してもらいたい。法令にのっとった必要な手続きを経て、
出品者情報の開示などの対応をとる可能性がある」と話した。
---------------------------------------------------------

総額1200万円・・・。一体何基売ったんだろう?







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 神奈川県 HDD

神奈川県の行政文書が大量流出

宿直明けの管理人です。

帰宅してNEWSと新聞の見出しで知りました。

朝日新聞DIGITAL:【独自】行政文書が大量流出 納税記録などのHDD転売

以下引用-------------------------------------------------
 納税などに関する大量の個人情報や秘密情報を含む神奈川県庁の行政文書が蓄積された
ハードディスク(HDD)が、ネットオークションを通じて転売され、流出していたことが朝日新聞の取材で分かった。
県のサーバーから取り外されたHDDのデータ消去が不十分なまま、中古品として出回っていた。
県によると、データの消去から廃棄までを請け負った業者の社員が、転売に関与したことを認めているという。

 流出したHDDは、本来は復元できないように業者が破壊処理するはずだったものだ。
行政が保管する膨大な個人情報が流出するという、ずさんな情報管理の実態が明らかになった。

 転売されたHDDは縦約15センチ、横約10センチ、厚さ約2・5センチ。少なくとも9個あり、
この中に保存されたデータの容量は27テラバイトに上る。仮に画像を添付したメール1通を3メガバイトとすると、
900万通に相当する。神奈川県が調査を続けているが、情報流出の事案としては世界でもまれな規模に
上る可能性がある。

 県が確認したところ、HDDは県庁内の各部局の情報を蓄積する共有サーバーに使われていた。
中には、法人名が記載された税務調査後の通知や、個人名や住所が記載された自動車税の納税記録、
企業の提出書類、県職員の業務記録や名簿類などが含まれていた。

 県によると、転売されていたHDDは、県が富士通リース(東京都千代田区)から借りたサーバーに
使われたもので、今春に交換時期を迎え、サーバーから取り外された。富士通リースは県との契約に基づき、
データを復元不可能な状態にする作業を、情報機器の再生事業を手がけるブロードリンク(同中央区)に委託。
同社に対し富士通リースは、破壊して作動しないようにしてから廃棄するか、データを完全に消去するよう
指示していた。

 県からブロードリンクに引き渡された時点で、HDDには簡易なデータ消去(初期化)が施されていた。
HDDは都内にあるブロードリンクの施設で保管されていたが、データの消去作業の担当者が一部を持ち出し、
オークションサイトに出品したという。

 出品されていたHDD9個を、IT企業経営の男性が仕事に使おうと落札。使用前に安全性を確かめるため
男性が中身を確認したところ、データの存在に気づいた。復元ソフトを使うと、神奈川県の公文書とみられる
大量のファイルが保存されていたという。

 男性からの情報提供を受け、朝日新聞が11月27日に県に情報流出の可能性を指摘。HDDに記されていた
製品番号から、県のサーバーに使われていた実物と分かった。

 富士通リースは「現時点でコメントできることはない」としている。ブロードリンクの幹部は取材に対し、
流出があったことを認めた上で「現時点では詳細を説明できない」と話した。

 ブロードリンクのウェブサイトには「主要取引先」として、複数のメガバンクや大手電力会社の社名のほか最高裁、
防衛省などが挙げられている。
---------------------------------------------------------

やばいなぁ・・・管理人の納税データも含まれていたりして・・・。

皆さん、HDD廃棄の際にはちゃんと削除ソフトを使用してデータ削除するか、物理破壊しましょう。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 神奈川県 HDD

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング