FC2ブログ

治療しても治らない歯周病

連続勤務中の管理人です。

本当は月に1回歯医者に通院を勧められていますが、それもままならない状況です。

livedoorNEWS(NEWSポストセブン):歯周病が治らないのは、歯科医の優しすぎる検査が原因か

以下引用------------------------------------------------------
 歯医者に何度通っても、虫歯は治るどころか再発し、挙げ句の果てには、「歯を全部抜いてしまいましょう」
──密室の診療室で歯医者の言うことばかり聞いていたら、一生悔やむ事態になりかねない。
100人以上の歯医者、歯科衛生士、歯科技工士に取材を重ね、今年6月に上梓した
『やってはいけない歯科治療』(小学館新書)も話題となっている、ジャーナリストの岩澤倫彦氏が
緊急レポートする。

 * * *
 東京・杉並区の成人歯科健診を担当してきた歯科医の岡田弥生氏は、女性は特に歯周病
注意が必要だと指摘する。

「出産時と更年期にホルモンバランスが崩れて、女性は歯周病のリスクが高まります。
特に更年期は体調不良が続き、歯肉のケアが疎かになると炎症症状が出てきます。
そうした女性特有の事情を理解している歯科医、歯科衛生士は決して多くありません」

 歯周病は、バイオフィルムと呼ばれる細菌の感染で歯肉(歯茎)に炎症が起き、歯を支えている骨が
溶けてしまう病気だ。
自覚症状がないため、気づいた時には抜歯せざるをえないケースも多い。
それもあり、歯を失う原因としては虫歯を抜いて歯周病が1位だ。

 歯周病の基本診断は、目盛りがついた探針を、歯周ポケットに差し込んで、深さを測定する。
深さ4mm以上が「歯周炎」とされる。

 その歯周ポケット検査では、痛みや出血を伴うことがあるのだが、日本歯周病学会の
指導医・弘岡秀明氏はこう証言する。

「私が教える歯医者のセミナーで、こんな質問が出たことがあります。『歯周ポケット検査で
出血すると患者が嫌がって、次から来なくなるのでは?』と。
出血を恐れては的確な検査はできず、早期発見の機会も逃してしまいます」

 つまり、表面的には優しい検査をやっている歯科医院が、実際には歯周病の進行を
見逃しているケースがあるのだ。

 また、歯周病の原因であるバイオフィルムの除去には、熟練の技術が必要だ。
前出の岡田氏は、自身も歯周病になった経験があり、多くのクリニックを訪ねて確信したことがあると話す。

「しっかりとした歯周病治療をしているのは、1割程度しかありません。歯科医や歯科衛生士の
レベル格差も大きいことを実感しました」

 これが専門的な視点で見た、日本の歯科医療の現実なのだ。
--------------------------------------------------------------

出血するぐらいの歯医者を選びましょう。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : 歯周病

歯周病の発症リスクに「職業格差」

ここ最近忙しすぎて歯医者に行けていない管理人です。
歯周病が心配・・・。

livedoorNEWS(J-CASTニュース):歯周病の発症リスクに「職業格差」 最も低いのは教師、最悪だったのは?

以下引用----------------------------------------------------------------------
歯周病は「歯の生活習慣病」と呼ばれ、糖尿病や心臓病の原因となり、最近の研究では乳がんやすい臓がんを
引き起こすことがわかっている恐ろしい病気だ。
職業によって発症リスクに2倍以上の差があることが岡山大学・愛知学院大学などの合同チームの研究で明らかになった。

研究は米の科学誌「Journal of Epidemiology」(電子版)の2016年10月26日号に発表された。

女性は歯の健康が「平等」な理由
岡山大学の発表資料によると、研究チームは歯科を受診した男女3390人(平均年齢41歳)を対象に、
5年間にわたり追跡調査を行ない、職業と歯周病の発症の関連を調べた。職業は、厚生労働省の
「職業分類表」に基づいて分けた。

その結果、男性では発症リスクが一番高いのが「運輸・通信従事者」(運転手・鉄道運転士など)で、
一番低い「専門的・技術的従事者」(研究者・医師・教師など)に比べ、2.74倍だった。
次に多いのが「生産工程・労務従事者」(工場作業員・建設作業員など)の2.52倍、
続いて「販売従事者」(スーパー店員・飲食店店員など)の2.39倍だった。ところが、
女性では職業と発症リスクの間にほとんど差がなかった。

この結果について、研究チームは発表資料の中で
「運転手などの職業の人々は、長時間労働や十分な睡眠がとれない傾向にあり、職業に由来する精神的な
ストレスが高いことが歯の健康に悪影響を与えています。一方、女性は男性に比べ健康意識が高く、
日頃から口腔内のケアを心がけている人が多いため、職業の影響を受けにくいのかもしれません」
とコメントしている。
------------------------------------------------------------------------------

ストレス・・・。色々ストレスあるなぁ・・・。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 歯周病 ストレス

歯周病が認知症を悪化させる?

一見関係のなさそうな、歯周病認知症悪化させるそうです。

livedoorNEWS(WooRis):虫歯や歯周病でなぜ「認知症リスク」がより高まるのか?

以下引用-----------------------------------------------------------------------
高齢化社会になり、現在65歳以上の人口の10%が認知症患者と推定されています。
若年性認知症患者も入れるとその数はもっと大きくなり、今や身内や自分自身にも関わりが深い病気です。

認知症になると、歯の手入れができなくなることで虫歯や歯が失われる方が多いと言われています。
しかし、それらを治療せずにいると虫歯の悪化だけでなく、認知症の症状も悪化させてしまう
可能性があるというのです!

そこで今回は、相原歯科医院のサイトを参考に、認知症の症状を悪化させてしまう“歯のトラブルと
その原因”をご紹介します。

■1:重度の歯周病

軽度の歯周病なら歯医者さんで歯石を取って貰えば終わりますが、重度になってしまうと脳にも
影響があるのをご存知でしたか?

”<永久歯を失う最大の原因である歯周病は、歯茎で慢性的に炎症が起きている状態です。
その炎症で作られるサイトカイン(細胞間の情報伝達を司る物質)は、脳神経細胞に悪影響を
与えると考えられています。>”

歯周病を防ぐためには歯垢をためない様に毎日の歯磨きが最も大切になります。
そして定期的に歯医者さんで歯石を取ってもらうようにしましょう。

■2:咀嚼がうまくできない
虫歯や歯が失われたことにより咀嚼がうまくできなくなると、脳の血流が減少してしまいます。

”<ものを噛むと、脳の血流が増え、記憶を司る海馬も活性化することが分かっています。>”

よく噛んで食べるということは、ダイエットに良いだけでなく脳の刺激にもなり認知症予防にも効果があるんですね。

ですので、ガムを噛むことも認知症予防に有効です。歯科用ガムは市販のガムより硬めに作られていて
脳に刺激を与えるのに効果的です。ガムを噛む事でリラックス効果や集中力も回復するのでオススメですよ!

■3:満足に噛めず食生活に偏りがでる
認知症と食生活は深い関わりがあると言われていますが、歯が健康でなければ食事もバランス良く
食べることができなくなってしまいますよね。

”<満足に噛めない人は、当然のことながら何でもバランスよく食べるというわけにはいかなくなります。
野菜や豆など認知症のリスクを下げる食べ物が特に苦手になりがちです。
ビタミンなどの摂取不足で、認知症になりやすくなっている可能性はあります。>”

歯が弱り硬いものが噛めなくなり柔らかいものばかりを食べることで、咀嚼の回数も減ってしまい
食事も偏ってしまい、認知症になるリスクが高くなってしまいます。

歯が失われてしまったら、入れ歯やインプラントをしてしっかり咀嚼することができるように歯の環境を整えましょう。

いかがでしょうか、歯と認知症には深い関わりがあることを皆さんは知っていましたか?

虫歯にならないとなかなか行く機会のない歯医者さんですが、定期的に検診をして歯石を取ってもらったり、
いつまでも健康な歯でいられるようにケアをすることが大切なんですね。
是非この機会に、ご家族で歯科検診へ行ってみてはいかがでしょうか。
-------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : 認知症 歯周病 悪化 予防

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング