FC2ブログ

【新型コロナウイルス】研究員がコウモリから新型ウイルス感染で拡散?

新型コロナウイルスの感染が、武漢の研究所の研究員から感染から広まったとの報道が・・・

livedoorNEWS(読売新聞オンライン):武漢の研究員がコウモリから新型ウイルスに感染、外部に拡散か…
                      米報道


以下引用-----------------------------------------------
米FOXニュースは15日、複数の情報筋の話として、新型コロナウイルスは中国・武漢にあるウイルス研究所の
所員から外部に拡散したとする見方を報じた。

 米政府内には懐疑的な意見もあり、調査を継続しているという。

 報道によると、情報筋は、所員が研究用のコウモリから新型ウイルスに感染したのが端緒となり、
外部の人に広がった可能性があるとしている。
中国当局は武漢を中心に感染が広がり始めた当時、野生動物を扱う武漢の海鮮市場で働く人に感染者が多いと
発表したが、情報筋は「研究所から責任をそらすため」の中国による情報操作の一環だと話したという。

 エスパー国防長官は16日、米NBCニュースのインタビューで「我々が注視してきたことだが、
結果は断定的なものではない」と述べた。
-------------------------------------------------------

やはり武漢の研究所か・・・。この新型コロナウイルスの感染拡大の責任を中国は取るのだろうか?

取らないだろうな・・・ orz







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 新型コロナウイルス 武漢

【新型コロナウイルス】やはり武漢の研究所で新型コロナウイルスの研究が行われていた

ソースはワシントンポスト紙。

翻訳は「DeepL翻訳

以下抜粋-----------------------------------------------
国務省のケーブルは、武漢の研究室でコウモリコロナウイルスを研究している安全性に
問題があると警告した。


2020年4月14日午後7時00分GMT+9

新型コロナウイルスの大流行が世界を席巻する2年前、米国大使館の職員は武漢市の中国の研究施設を
何度か訪問し、コウモリから採取したコロナウイルスの危険な研究を行っていた研究室の安全性が
不十分であることについて、2回の公式警告をワシントンに送り返した。
このケーブルは、この研究室か別の武漢の研究室がウイルスの発生源であるかどうかについて、
米国政府内での議論を煽っています - 決定的な証拠はまだ出ていないにもかかわらず。

2018年1月、北京の米国大使館は、2015年に国際的なバイオ研究の安全性の
最高レベル(BSL-4として知られる)を達成した中国初の研究室となった武漢ウイルス研究所(WIV)に
米国の科学外交官を何度も派遣するという異例の措置をとった。
WIVは、2018年3月27日に行われた最後の訪問について、英語のニュースリリースを発表した。
米国の代表団は、武漢総領事のJamison Fouss氏と大使館の環境・科学・技術・健康担当参事官の
Rick Switzer氏が率いていた。
先週、WIVはその声明をウェブサイトから削除したが、インターネット上にはアーカイブが残っている。

コロナウイルスパンデミックの完全なカバレッジ

米国当局者が訪問中に学んだことは、彼らに大きな関心を持たせたので、彼らは
「センシティブだが未分類」に分類された2つの外交ケーブルをワシントンに送り返した。
そのケーブルは、WIVラボの安全性と管理の弱点について警告し、より多くの注意と支援を提案している。
私が入手した最初のケーブルは、また、コウモリコロナウイルスとその潜在的な人間への感染の研究室の仕事は、
新たなSARSのようなパンデミックのリスクを表していると警告している。

"WIV研究所の科学者との交流の間、彼らは、新しい研究所には、この高濃度の実験室を安全に
運営するために必要な適切に訓練された技術者と調査員の深刻な不足があることを指摘した "と述べている、
2018年1月19日のケーブルは、WIVの科学者と面会した大使館の環境、科学、健康部門の2人の
職員によって起草されたと述べている。(国務省はこの件と他の詳細についてのコメントを拒否した)。

WIVの中国人研究者は、テキサス大学医学部のガルベストン国立研究所や他の米国の組織からの援助を
受けていたが、中国人は追加の援助を要求していた。
ケーブルは、主にコウモリのコロナウイルスに関する研究は重要であるが、危険でもあるため、
米国は武漢の研究室にさらなる支援を与えるべきだと主張していた。

ケーブルが指摘したように、米国の訪問者は、長年にわたりコウモリコロナウイルスに関連する研究を
発表してきた研究プロジェクトの責任者である師正里氏と面会した。
米国当局者の訪問直前の2017年11月には、Shi氏のチームは、雲南省の洞窟から採取したカブトコウモリが、
2003年にSARSコロナウイルスを産み出したのと同じコウモリの集団である可能性が高いことを示す研究を
発表していた。

"最も重要なことは、「研究者たちはまた、様々なSARS様コロナウイルスが、SARS-コロナウイルスのために
同定されたヒトの受容体であるACE2と相互作用できることを示した」と、ケーブルは述べている。
この発見は、コウモリ由来のSARS様コロナウイルスがヒトに感染してSARS様疾患を引き起こす可能性が
あることを強く示唆している。
公衆衛生の観点から、コウモリの SARS 様コロナウイルスの継続的な監視と動物とヒトのインターフェースの研究は、
将来のコロナウイルスの発生予測と予防に不可欠なものとなります。"

この研究は、次のSARSのようなパンデミックがどのようにして出現するかを予測することで、次のパンデミックを
防ぐことを目的としていました。
しかし、2015年になっても、他の科学者たちは、シー氏のチームが不必要なリスクを取っているのではないかと
疑問を呈していた。
2014年10月、米国政府は、「機能獲得実験」として知られる、ウイルスをより致命的にしたり、
伝染性を高めたりする研究への資金提供をモラトリアム(一時停止)にしていた。

多くの人が指摘しているように、現在世界を悩ませているウイルスが人工的に作られたという証拠はなく、
科学者たちはそれが動物から来たものであることに概ね同意している。
しかし、それはそれが動物でコウモリのコロナウイルスを何年もかけてテストしてきた研究室から
来たものではないと言うのと同じではない、とカリフォルニア大学バークレー校情報学部の
研究科学者シャオ・チアン氏は述べた。

"ケーブルは、この研究室の研究が適切に実施され、保護されていない場合、公衆衛生への脅威の
可能性について長い間懸念があったことを私たちに伝えている "と彼は言った。

近くにある武漢疾病管理予防センターについても同様の懸念があり、バイオセキュリティレベル2で運営されています。
それは中国の政府がまだ新しいコロナウイルスの起源についての基本的な質問に答えることを
拒否するので重要である一方、いずれかの研究室が関与していたかどうかを調べるためにあらゆる試みを
抑制している。

ケーブルに精通している情報源は、それらがWIV研究所の重大な安全性の懸念についての警報を鳴らすために
意図されていたと言った, 特にコウモリコロナウイルスとの仕事に関して. 大使館関係者は、
この研究所の問題を解決するために、米国がこの研究所にもっと注意を払い、より多くの支援をすることを
要求していた。

"ケーブルは警告射撃だった "と ある米国当局者は言っています "何が起こっているのか注意を払うように
人々に懇願していた"

これらのケーブルに対応して、米国政府が研究室に追加の支援を行うことはなかった。
このケーブルは、この2ヶ月間に再び政権内部で流通し始め、研究室がパンデミックの発生源である可能性が
あるかどうか、また米国のパンデミック対応や中国との関係にどのような影響を与えるかが議論されるようになった。

トランプ政権内部では、多くの国家安全保障当局者が、WIVまたは武漢疾病管理予防センターの研究室が
新型コロナウイルスの発生源であると長い間疑っていた。
ニューヨーク・タイムズ紙によると、情報機関はこれを確認する証拠を提供していないという。
しかし、ある政府高官は、ケーブルは、パンデミックが武漢の研究室の事故の結果である可能性を
支持するためのもう一つの証拠を提供していると私に言った。

"完全に自然発生だったという考えは状況証拠だ 研究室から漏れた証拠は状況証拠です。
今現在、研究室から流出した側の台帳は箇条書きで埋め尽くされていて、反対側にはほとんど何もありません」と
当局者は言った。

同僚のデイビッド・イグナティウスが指摘したように、中国政府の元の話-ウイルスが武漢の
魚介類市場から出てきたという話-は揺らいでいる。
1月にランセット誌に発表された中国の専門家による調査によると、12月1日に確認された最初の既知の患者は、
市場とは何の関係もなく、最初の大規模なクラスターの3分の1以上の症例は市場とは関係がなかった。
また、市場はコウモリを売っていなかった。

Shiと他のWIVの研究者は、この研究室が新型コロナウイルスの起源であることを断固として否定しています。
2月3日、彼女のチームは、2019-nCoVとして知られているウイルスがコウモリ由来のコロナウイルスで
あったことを公に報告した最初のものでした。

一方、中国政府はウイルスの起源に関する情報を全面的に封鎖しています。北京はまだ米国の専門家に、
初期の症例から採取した新型コロナウイルスのサンプルを提供していない。
1月11日に新型コロナウイルスのゲノムを発表した上海の研究室は、当局によって "修正 "のために
すぐに閉鎖された。
早期に拡散を報じた医師やジャーナリストの数人が失踪している。

2月14日、中国の習近平国家主席は、新しいバイオセキュリティ法の制定を加速させるよう求めた。
水曜日のCNNは、中国政府が新型コロナウイルスの起源に関する研究機関が何かを発表する前に、
承認を必要とする厳しい制限を課していると報じた。

起源の話は非難だけの話ではない。新型コロナウイルスのパンデミックがどのようにして始まったのかを
理解することは、次のパンデミックをどう防ぐかにつながるからだ。
中国の政府は透明でなければならないし、それらがウイルスの私達の科学的理解に重大であるので、
Wuhan の実験室についての質問に答えなければならない、Xiao は言った。

新型コロナウイルスが武漢の研究室で発生したものかどうかはわかりませんが、ケーブルはそこの危険性を
指摘しており、それを突き止めようとする衝動を高めていると彼は言いました。

"陰謀論ではないと思う。調査して答えを出す必要がある正当な疑問だと思う。"「これがどのようにして
発生したのかを正確に理解することは、将来このようなことが起こるのを防ぐための重要な知識である」と述べた。
-------------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 新型コロナウイルス 武漢

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング