FC2ブログ

2019年4月以降は最低5日間の消化義務に

有給休暇はなんとなく取得できている管理人です。

livedoorNEWS(東洋経済オンライン):4月開始「有給休暇の新ルール」の大事な基本

以下引用-----------------------------------------------------
20190304_002.jpg
新年度から有給消化が義務付けられます。企業側は有給をどう管理すべきなのか、
詳しいルールを見てみましょう(写真:CORA/PIXTA)

”3年連続で有給取得率が世界最低の日本(エクスペディア・ジャパン調べ)。
政府は年次有給休暇の取得率を2020年までに70%とする目標を掲げているものの、
2017年の取得率は51.1%と、依然として大幅なかい離がみられます。”

”そうしたなか、2019年4月から労基法改正による5日間の有給取得義務制度がスタートします。
『ゼロからスタート! 澤井清治の社労士1冊目の教科書』の著者で
LEC東京リーガルマインド専任講師・社会保険労務士の澤井清治氏が解説します。”

ここが変わる!「有給消化のルール」
みなさんは「年次有給休暇の新ルール」をご存じでしょうか。今年2019年4月1日から、年次有給休暇
10日以上発生した社員について、会社は発生日から1年の間に最低でも5日間の有給休暇を
消化させなければならなくなります。

もし、消化させることができなかった場合には、罰則があります。会社は労働基準法違反として
30万円以下の罰金刑の対象となるのです。ですから、会社としては有給休暇を取得していない社員に対して
会社が「日付を指定して強制的に休ませる」ことになります。

厚生労働省の「就労条件総合調査」によれば、2016年の1年間に企業が付与した年次有給休暇の
1人平均は18.2日、そのうち労働者が取得した日数は9日。取得率は わずか49.4%です。

取得率が最も高いのは複合サービス事業(郵便局や農協など)で64.6%。最も低いのは
宿泊業、飲食サービス業で32.8%となっています。有給休暇の取りづらさは事業内容などにもよるでしょうが、
それでも国が定めた今回のルールを守らないわけにはいきません。有給休暇が取りづらい雰囲気の職場では、
“強制5日取得制度”の開始は朗報といえるでしょう。

逆に、忙しさなどを理由に有給を取りたくないと、自ら取らずにいた人にも影響は及びます。
発生から11カ月を経過した時点でまったく消化していない場合は、最終月の12カ月目がどんなに忙しくとも
5日間の消化が義務となります。年度末の「仕事の予定」や「目標の達成」にも影響が出てくる可能性があり、
自らその分休むことを見込んでおく必要があります。

その年次有給休暇はどのタイミングで発生し、どう計算するのでしょうか。
ここで、その基本に触れておきたいと思います。

年次有給休暇の日数は、大まかに「正社員」と「パート社員」とで異なります。まず正社員の場合。
通常雇入れから6カ月間継続して勤務して、全労働日(出勤義務のある日)の8割以上出勤した場合に、
10日間発生します。さらに、その後1年度ごとに8割出勤を満たせばその都度発生し、
6年6カ月で最高の20日の有給休暇が生まれます。

パート社員の場合はどうでしょうか。正社員より少ないと思う人もいるかもしれませんが、
実は週5日以上の労働日であれば正社員と同じ日数が発生します。有給は労働日数によって決まるためです。
週5日間、1日1時間だけ勤務しているパート社員の場合であっても、全労働日の8割以上の出勤を満たした場合、
正社員と同じく10日の有給休暇が発生するのです。

ただし、これは労働日数次第となります。週の所定労働日数が4日以下で、かつ、週の労働時間が
30時間未満のパート社員については、付与日数が比例的に少なくなります。これを「比例付与」といいます。

週に1日だけ勤務しているパート社員の場合、もちろん年次有給休暇は発生しますが、比例付与に該当します。
例えば、週1日勤務で6カ月間継続勤務し、全労働日の8割以上の出勤を満たした場合だと、
6カ月後に1日の年次有給休暇が発生することになります。

次に、年次有給休暇の「取り方」について、よくある疑問について取り上げたいと思います。

ひとつは、年次有給休暇をいつ取るかということです。実は、年次有給休暇の日程を、
指定している会社もあります。
この扱いを法律上は「計画的付与」といいます。

計画的付与は、会社と労働者の代表が協定を結ぶことで成立します。その方法には、

”①会社全体でゴールデンウィークの中日などを一斉消化日とする一斉付与方式”

”②社員を班・グループに分けて、各班・グループごとに決められた休暇を取得する交替制付与方式”

”③社員個人が誕生日や結婚記念日、年末年始といった個人的な記念日に基づいて
有給休暇付与計画表を作り、計画表に従って消化していく個人別付与方式”

などがあります。

計画的付与の対象となる日数は、個人の持ち日数の5日を超える部分となります。
個人の権利として最低5日は残しておかなければなりません。計画的付与によって成立した日程は、
労働者の都合や会社側の都合によって変更することはできないことになります。

部下に有給取得の目的を聞くのはNG
また、年次有給休暇を取得する際、申請用紙に「利用目的」を記入するという会社があります。
また、忙しい部署では、上司が「その有給休暇、何に使うの?」などと聞いてくる場合もあります。

例えば、大好きアイドルユニットのレアな握手会がたまたま地方であり、何とかして行きたいと考えた場合、
職場で言いづらいので、つい「親戚の法事」などと、適当な理由を伝えた経験がある方も多いと思います。

しかし、年次有給休暇を何に使うかは、使用者が干渉するべきことではありません。
これについては最高裁判所の判例(弘前電報電話局事件)でも明確に示されています。
この事件では成田空港反対現地集会に参加して、違法行為に及ぶ恐れがある従業員に対して、
そのことをもって有給休暇を認めなかったという事例です。これは、年次有給休暇の利用目的から逆算して、
当該日の有給休暇の取得を承認することとなり、許されることではないのです。

つまり、年次有給休暇の取得目的を具体的に記入させることは法律の趣旨からいえば、
たとえそれが便宜上の要請からだとしてもあまりよいこととはいえません。ましてや、上司が部下の
年次有給休暇の「利用目的を聞いたうえでその取得を承認」するようなやり方があるとしたら、
明らかに法律違反であるといえます。年次有給休暇をどのような目的で利用しても、使用者(会社)は
それについては干渉してはならないのです。

以上、年次有給休暇の発生、そして取り方についてご紹介しました。有給が取りたいのに取れないと嘆く人が、
しっかり取れるようになることを祈っています。
-------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 有給休暇

なぜ日本人は有給休暇を取らない?

有給休暇中の管理人です。

管理人が今まで勤めていた会社では有給休暇は、割とたやすく取れていましたが・・・。

livedoorNEWS(キャリコネニュース):なんで日本人は有休を取得できないの? 
                         「1日休むと1万円賞与が引かれる」という人も


以下引用----------------------------------------------------------------------
日本人の有給消化率は相変わらず低い。これはなぜなのだろう。プレジデントオンラインでは、
3月15日「有給休暇 取りづらい雰囲気を醸し出す『A級戦犯』の"腹の内"」という記事を公開。
2016年の日本の有給消化率が世界最下位だったことを踏まえ、日本人が休暇取得に対して罪悪感を
抱いていること、取得に理解のない男性管理職がいることなどを指摘した。

この記事が公開されると、2ちゃんねるには「【仕事】なぜ日本人は有給休暇を取らないのか?」という
スレッドが立てられた。そこには様々な理由から有給を取得できないという悲痛な叫びがいくつも寄せられた。

「有休申請したら上司から『会社に協力できないのか!』って怒鳴られた」
スレッド内では、有給休暇を取得しようにも「会社・上司が脅すから取れない」といった報告が相次いでいる。

”「有休申請したら上司から『会社に協力できないのか!』って怒鳴られた」”
”「業績悪くなったら、有給取得が多い順からリストラ対象になるかも知れない。そういう無言の圧力がそうさせてるのよ」”

周囲の目や職場の雰囲気が原因で、有給を取得できないということがままあるらしい。
厚生労働省の調査でも、有給取得をためらう理由として「みんなに迷惑がかかると感じるから」(73.3%)が
圧倒的に多かった。「職場の雰囲気」(30.2%)「上司がいい顔をしない」(16.1%)という理由を回答する人も多い。

「有給が少ない奴を上司が引っ張り上げて昇進させるから」
「滅私奉公」や「奴隷根性」といった日本人に特有のメンタリティも有給取得率の低さにつながっているのかもしれない。

”「我慢比べで一番我慢できた人が一番偉い。どんな成果を成し遂げたかやいくら利益を挙げたかは一切考慮されない」”
”「自分の為、金の為に働くのでなく、会社のため、仲間の為に働いてるからだな。滅私奉公の精神ですよ」”
”「お上に休んで良いよと言われないと休まない奴隷根性」”

また「有給が少ない奴を上司が引っ張り上げて昇進させるから。そいつが上司になった時同じように
有給が少ない奴を……って連鎖している」と負の連鎖が生じている会社もあるようだ。

他にも「自分の仕事が何か、どこまでやればいいか、を自分も上司も明確に出来てない(してない)から」
という分析もあった。かねてから、日本企業では個人の仕事の範囲が明確ではないという指摘がなされている。
これも有給消化率の低下を招いているのかもしれない。

「1日休むごとに1万円賞与から引かれる」「使うと査定に響く」と賞与や査定への影響から有給を
取得できないという声もあった。

現状を改善する方法として「有給休暇取得率を公表」
「年度末になって年次休暇が残ってる人には強制的に消化させればいい」といった提案がなされていた。
残業規制ですらままならない日本でこうした対策が取られる日はくるのだろうか。
------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 有給休暇

有給休暇、7人に1人が未経験

何気にちゃんと有給休暇を取得している管理人です。

livedoorNEWS(Gadgetwear):有給休暇、7人に1人が「一度も取得していない」

以下引用---------------------------------------------------------------------
クリエイティブサーベイが実施した「有給休暇に関する調査」によると、有給休暇を一度も取得していない人は
15%を占め、消化率が半分に満たない人が過半数に達することが分かった。

約6割が有給休暇を取得しづらいと感じており、そのため繁忙期を避けたり日程を変更して有給休暇を取得している。
一方、取得のしづらさからか、有給休暇を取得しなかったり、日数を減らすといった声も多く挙がった。

「有給休暇を取得する際に暗黙のルールは存在するか」と尋ねたところ、男女ごとに異なる結果となった。
男性は「入社1年目は有給休暇を取得できない」、女性は「休暇中に何をするのか(したのか)報告しないといけない」など、
性別によって気になる部分が異なることが分かった。また、「上司から来月は何日に消化していいからと
日数を指定されるが希望日に取れるとは限らない」や「うるさい上司がいる」など、人間関係も有給休暇の取得には
重要なポイントとなることが分かった。 

有給休暇中に個人の携帯に仕事の電話が掛って来た場合、「すぐに電話に出る」が約41%で最も多かった。
次いで「数コール待ってから電話に出る」が約25%、「その場ではすぐに出ず、少し待ってから掛け直す」が
約12%だった。

会社の携帯に電話が掛かってきた場合、「すぐに電話に出る」が31%で個人用携帯の場合と同様で最多だった。

有給休暇中に個人の携帯へメールやメッセージが来た場合の対応について聞いたところ、「しばらく経ってから
その日の間に返事をする」が40%で最も多く、次いで「すぐに返事をする」が30%だった。電話に限らずメールでも、
休暇中などに関わらず当日中に返そうとする人が多いことが分かった。
-----------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : なんだかなぁ~。。。
ジャンル : ブログ

tag : 有給休暇

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング