FC2ブログ

レオパレスの再建計画に暗雲

新型コロナウイルスの影響で、レオパレスの再建に影響が・・・

livedoorNEWS(東洋経済オンライン):レオパレス、コロナショックで再建に黄信号

以下引用-----------------------------------------------
レオパレス21が再び約束を破った。

同社は4月30日、施工不備問題について、改修工事の完了時期を先送りすると発表した。
従来は明らかな施工不備のある物件、1.3万棟の改修を2020年12月までに終えるとしていた。

ただ、改修工事はそもそも遅延していたうえ、同社の名古屋支店では工事部門の社員7人が
新型コロナウイルスに感染。緊急事態宣言を受け、4月中旬から改修工事そのものも中止に追い込まれている。

当初は2019年の夏前までに改修を終えるとしていたが、前述のように2020年12月末までに延長。
今回再延期することになった。なお、新たな工事完了時期は「未定」とした。

アパート開発は縮小へ
レオパレスは2018年春から数回にわたって建築した賃貸アパートの施工不備が発覚。
天井裏や屋根裏に住戸間を仕切る界壁(かいへき)がなかったり、天井部材が耐火性能を満たしていなかったり、
認定されていない部材で壁が施工されるという建築基準法違反を犯していた。

2020年3月末時点で施工した3.9万棟中のほぼすべてで調査を終えた。1.3万棟で明らかな不備があったほか、
1.6万棟は界壁の一部に隙間があるなど軽微な不備があった。ただし、改修工事が完了した物件は1.3万棟のうち
990棟にとどまっており、工事完了の再延期は時間の問題だった。

同時に発表したのは「抜本的な事業戦略の見直しの方向性(骨子)」(経営改善策)だ。
レオパレスは2月、村上世彰氏率いる大株主で、取締役全員解任を求めるレノらが要求した2月の
臨時株主総会の直前に、4月に経営改善策の骨子を発表し、5月に詳細な計画を出すとしていた。

今回発表した経営改善策の骨子では、中核事業である賃貸事業は強化し、アパート開発事業を縮小。
介護関連事業は存続させ、海外事業とホテル・リゾート事業は撤退・譲渡するとした。

だが、これは既存路線の焼き直しでしかない。というのも、賃貸事業は売上高の84%を占め、
同11%のアパート開発事業はすでに縮小傾向にあるためだ。介護や海外、ホテル・リゾート事業はいずれも
10年近く赤字が続き、事業の撤退・譲渡は当然の判断と言える。

レオパレスの広報担当者は「抜本的な見直しの意味とは、海外、ホテル・リゾート事業の撤退を決めたこと。
賃貸事業の強化など詳細内容は2020年3月期の本決算と同時に発表する」と説明した。
同社は当初、5月13日に2020年3月期の決算発表を予定していたが、4月30日現在では未定となっている。

残された時間は多くない
レオパレスに残された時間はそう多くないかもしれない。同社のビジネスモデルは、地主に賃貸物件を建てさせる
アパートの開発事業と、建てたアパートを同社が一括で借り上げる賃貸事業がセットになっている点に特徴がある。

アパート開発事業はリーマンショック前まで、連結営業利益の9割近くを稼ぐ圧倒的な収益柱だった。
これは地主に対して競合や相場より高額の一括借り上げ家賃を提示することで、好採算の
アパート開発事業の受注を増やす戦略がうまく機能してきたからだ。

だが、リーマンショックが同社を直撃。金融機関の融資引き締めでアパート建築の受注が急減したうえ、
自動車や電機業界の派遣切りで、アパートの入居者も減少。特に賃貸事業では受け取る家賃より、
地主に支払う家賃のほうが高くなる「逆ざや」が発生し、巨額の空室損失引当金の計上に追い込まれた。
2010年3月期に790億円という、今回の施工不備(2019年3月期に686億円)を超える最終赤字となった。

この時の反省から、レオパレスはアパート開発事業を縮小し、賃貸事業で安定収益を稼ぐビジネスモデルに舵を切った。
だが、ここで懸念されるのは新型コロナウイルスの影響だ。

レオパレスが扱っている賃貸住宅のほとんどは単身者向けのワンルームだ。契約者の6割弱が法人との契約で、
主要顧客は建設業、製造業、人材派遣業がそれぞれ15%強ずつを占めている。
外出や経済活動の自粛が長引けば、こうした業種にはリーマンショック時のような派遣切りや雇い止めが
押し寄せる。
同社にとっては入居率を押し下げる要因となりかねない。

施工不備問題の長期化に伴い、1年間で最も高くなる3月末の入居率は83%にとどまった。
入居者から受け取る家賃収入より、不動産オーナーに支払う賃料が多くなる逆ざや水準が発生するのは
入居率80%がメドとされる。

入居率は2019年10~12月にも80%を割り込んだが、コロナショックによる自粛が長引けば再び80%割れに
転落しかねない。

巨額の売却損計上の可能性も
2019年12月末時点でレオパレスの現預金は約800億円ある。一方で借入金は約300億円、
補修工事引当金は約500億円だ。逆ざやによるキャッシュアウトが長引けば、資金繰りはますます苦しくなる。

残された道は資産の切り売りだが、その道筋も厳しい。会社側が表明した海外事業やホテル・リゾート事業は
万年赤字のため、平時でも売却が難しかった。
コロナショックの現在ではなおさらだ。この事業では推計で400億円超のセグメント資産を抱えている。
売却手法次第では巨額の売却損が発生する可能性もある。

2020年3月期決算の発表と同時に公表する詳細な経営改善策で何を示すのか。
そして、その後に定時株主総会が行われる。2月の臨時株主総会ではレノらの株主提案は否決されたが、
前回棄権した大口の投資家も経営陣の再任反対など波乱要因となりそうだ。
-------------------------------------------------------

これ、レオパレス破綻するんじゃないか?







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 新型コロナウイルス レオパレス

国交相が不備多発のレオパレス21を非難

施工物件の全棟対象調査で7割超に不備が確認された、レオパレス21。

国交省から非難のコメントが出ているようです。

livedoorNEWS(産経新聞):「ずいぶんCMに経費」レオパレス 国交相が苦言

以下引用-------------------------------------------------
 赤羽一嘉国土交通相は1日の閣議後記者会見で、賃貸アパート大手レオパレス21によるアパートの
施工不良問題で、同社施工の全棟対象調査で7割超の物件に不備が確認されたとして、
「極めて非常に多くの物件で不備が確認された。何を考えているのか。大変遺憾に思う」と述べた。

 赤羽氏は個人的な見解として、同社が「ずいぶん宣伝(CM)に経費を掛けていると記憶している」と指摘。
「肝心要の安全を軽視することは言語道断だ」と同社の安全管理態勢を非難した。

 同氏は10月31日にレオパレスから全棟調査の進捗状況などについて報告があったと説明。
調査の結果、明らかな不備が確認された物件約1万3300棟(約35%)と、軽微な不備が確認された物件
約1万6100棟(約42%)で、施工不良の物件は全体で約2万9400棟(約76%)に上ったと指摘した。

 国交省は同社に対し、毎月末、改修状況に関する同省への報告と同社ウェブサイトでの公表を指示しており、
赤羽氏は「今後も継続を指示した」と述べた。
---------------------------------------------------------

施工不備を改善しないでCMかぁ・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー



テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

tag : レオパレス

レオパレスに新たな基準法違反疑惑

また、レオパレスに建築基準法違反疑惑が浮上しているようです。

livedoorNEWS(文春オンライン):レオパレスに新たな“建築基準法違反”疑惑

以下引用-----------------------------------------------
賃貸アパート大手「レオパレス21」(東京都中野区)で、建築基準法違反を含む施工不良の物件が発覚した問題。
耐火や遮音のために各住戸間を仕切る「界壁」などに不備があった物件は、3月末までに1万4599棟に達している。

20190508_003.jpg

 だが、レオパレスの物件を巡って、新たな建築基準法違反の疑いがあることが、「週刊文春」の
取材で分かった。

「週刊文春」は今回、レオパレスの物件を管理するオーナーと一級建築士が2月中旬に
取りまとめた資料を独自に入手。そこに添付されているのが、数十枚に及ぶ“証拠写真”だ。

 界壁の不備も指摘された「ゴールド・レジデンス」シリーズのある物件は、ガス管を下の階から
上の階に通すための貫通部に大きな穴が開けられたまま、放置されている。
「コングラツィア」シリーズのある物件でも、ガス・浄水・排水・換気用パイプを下の階から上の階に
通すための貫通部に大きな穴が開けられたままだった。

 一級建築士の森山高至氏が指摘する。

「本来ならケーブルや配管の貫通部にできた隙間は、耐火性素材で完全に埋める必要があります。
少なくとも下の階の天井と上の階の床を耐火性素材で補強するか、ガスや給排水など配管類を
納める空間を別に作らないといけません。ところが、隙間を放置している上に、写真を見る限り、
上の階の床は木造なので燃え移りやすい。配管も燃えやすい塩化ビニール製なので不燃性素材で
覆う必要がありますが、それもなされていない。非常に危険な状況だと言えます」

 どのような危険性が考えられるのだろうか。

「このワンルームサイズの居室であれば1階で火事が起きた場合、2階や屋外に到達するまで
45分間持ちこたえなくてはいけないと建築基準法で定められています。仮にこの穴の近くで火がつければ、
ものの数分で2階に到達することも考えられ、建築基準法違反の疑いが濃厚です」(同前)

 こうした貫通部に関して建築基準法違反の疑いがある物件の数は、「週刊文春」が確認しただけでも、
少なくとも22件に及んでいる。だが、外部調査委員会が3月18日に公表した中間報告書にも、
貫通部に関する不備については触れられていない。

 レオパレスに貫通部の施工不良について確認を求めると、以下のように回答した。

「当社は外部調査委員会の調査に全面的に協力をしておりますので、個別の回答は控えさせて頂きます。
現在、施工不備問題に係る調査は、第三者の一級建築士にご協力頂きながら実施しており、
これまでに確認された内容については、全て外部調査委員会に報告しております」

 現在も物件の全棟検査を行っている最中のレオパレス。新たな建築基準法違反疑惑の発覚は、
今後の検査にも大きな影響を与えそうだ。

 5月9日(木)発売の「週刊文春」5月16日号では、貫通部に関する新たな建築基準法違反疑惑のほか、
施工不良物件を管理する被害者の実名告白、レオパレス社員の不誠実な対応、杜撰な全棟検査の
実態などについて、詳報している。
-------------------------------------------------------

さて、新たな改善指示になるのだろうか?







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : レオパレス

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング