FC2ブログ

Amazonで商品を購入する際に販売者を確認する方法

何かと今、話題のAmazonですが、販売者を特定する方法の記事がありました。

livedoorNEWS(THE PAGE):怪しい出品にご注意を、Amazonマーケットプレイスで販売者を確認する方法

以下引用---------------------------------------------------------------------------
 Amazonのウェブサイトに明らかに疑わしい商品の出品が増加しています。筆者が確認したものでは、
人気ゲーム機「Nintendo Switch」が1,560円(2017年4月27日2時現在)という破格で販売されており、
果たして本当にこの価格で定価2万9,980円もする同製品が手に入るのか、疑わざるを得ません。

 なぜ、便利なはずのAmazonでこのような疑わしい商品が並んでいるのか。その背景には、
Amazonマーケットプレイス」という販売システムの存在があります。今回は、Amazonで商品を購入する際の
注意点についてまとめます。

Amazonで商品を購入する際には、まず販売者の確認を
 Amazonを頻繁に利用されている方であれば良く知られていることですが、Amazonで売られている商品は、
すべてAmazonが販売・発送しているというわけではありません。Amazonには外部の企業や個人が販売者として
商品の販売をすることができる「Amazonマーケットプレイス」というサービスが存在し、同じ商品であっても
「Amazonが販売・発送する場合」「外部販売者が販売・発送する場合」、そして販売者の商品をAmazonが
倉庫に預かって発送代行する「外部販売者が販売し、Amazonが発送する場合」の3パターンが存在します。

 誰が商品を販売するのか、誰が商品を発送するのかは、Amazonの商品詳細ページに必ず記載されているので、
購入したい商品については“販売者が誰か”の確認をするようにしましょう。

Amazonには個人出品者も多数存在している
 もちろん、Amazonマーケットプレイスには量販店サイトやメーカー直販サイトなども販売者として参加しており、
それらの販売者の出品を見てみると、販売価格は各社の公式ECサイトと同じ場合がほとんどです。
しかし中には、個人販売者が小売店で入手困難な商品を定価より高額で販売している場合などがあるので、
注意が必要です。ちなみに、価格が市場価格より高額な場合には、商品価格欄に注意喚起が表示されています。

 販売者のプロフィールを確認したい場合は、パソコン・スマートフォンのウェブサイトの場合、Amazonの
商品詳細ページに記載されている販売者の名前をクリックすると「特定商取引法に基づく表記」を見ることができ、
ここに販売責任者名や連絡先が記載されています。この販売者が株式会社ではない場合、連絡先電話番号が
携帯電話番号の場合、連絡先メールアドレスがフリーメールの場合などは、販売者が個人である可能性は
非常に高いと言えるでしょう。

 個人販売者の中には人気商品を定価で購入して高額な価格で転売する“転売屋”も多く、
また販売、梱包、接客、品質保証についても十分な知識やノウハウがない場合も考えられます。
こうしたことを十分に承知の上で購入を決めるようにしましょう。

 ちなみに、このAmazonマーケットプレイスには海外の個人販売者も参加しており、冒頭に紹介した
「Nintendo Switch」を1560円で販売するAmazonマーケットプレイスの販売者(3者)は、
3者とも海外の販売者で、2者は個人販売者、そして1者の販売者欄に記載されていたのは、
氏名や法人名ではなくただのランダムな文字列という状況でした。少しでも不安を感じた販売者からの購入は、
避けるのが賢明だと言えるでしょう。

Amazonは消費者保護のため責任を果たすべきでは
 同じショッピングサイトでも、AmazonがYahoo!ショッピングや楽天市場と大きく異なる点は、Amazon自身が
売る商品もAmazonマーケットプレイスの販売者が売る商品も、全く同じ見た目の商品ページ・購入ページから
購入できる点であり、しかもその販売者の中に個人販売者が数多く含まれている点です。

 もちろん、すべての個人販売者が悪意を持っているわけではありません。しかし、もしAmazonマーケットプレイスの
存在を知らない消費者がAmazonから商品を購入するつもりで普通に商品をカートで決済して、もしもその決済の
相手が悪意を持った個人販売者だった場合には、消費者は思わぬ不利益を被る可能性があります。

 Amazonは消費者を保護するための「マーケットプレイス保証」という制度があることを様々なページで
アナウンスしていますが、そもそも消費者に不利益を与える可能性を生み出しているということを十分に認識して
対策を講じる必要があるのではないでしょうか。

 Amazonは、Amazonマーケットプレイスに参加する販売者について、参加時の与信審査、不正取引の監視と
必要なペナルティによって“Amazonに参加しているのは信頼できる販売者だ”という担保を徹底すべきであり、
また商品の販売者が個人である場合には消費者に対してそれをわかりやすく表示し注意を促すべきだと言えます。
商品の販売者がAmazonマーケットプレイスの参加者であったとしても、消費者はAmazonのブランドを信頼して
商品をカートに入れ、決済をしているのです。そのブランドが追うべき責任は大きいのではないでしょうか。
-----------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : Amazon マーケットプレイス

Amazonマーケットプレイスで詐欺業者が横行

最近、Amazonをよく利用している管理人です。

ちょっと気になる記事が・・・。

livedoorNEWS(弁護士ドットコム):Amazonマーケットプレイスで「詐欺業者」横行…商品届かず、個人情報漏れる恐れ

以下引用---------------------------------------------------------------------------
20170425_001.jpg
Amazonマーケットプレイスで注文した商品が届かないーー。昨年末ごろから、そんな詐欺業者によるトラブルが
増えているようだ。
購入代金はAmazonが返金してくれるが、氏名や住所などの個人情報が抜かれてしまうとして、
消費者に不安が広がっている。

マーケットプレイスで洗濯機や冷蔵庫が1円で売られている」。そんな情報がネットを飛び交ったのは
4月21日のことだった。
プロジェクターや絵画のレプリカなど、通常購入すれば、数万円するような品々もすべて1円。
しかし、うまい話には裏があった。1円で売っていたのは、中国系の業者。この業者の商品は消費者のもとに
届かないのだ。

約1900点の商品をすべて1円で出品していたのは、この日開店したばかりの「LINGX」というショップ。
ショップの評価欄には「明らかな個人情報収集目的の詐欺業者」など、4月24日時点で50件を超える苦情が
書き込まれている。
商品が途中でキャンセルされたり、「中国発~ロシア着」など嘘の配達情報が送られてきたりするという。

この業者から商品を購入したあるユーザーによると、メールや電話で連絡がつかないため、Amazon
カスタマーセンターに尋ねたところ、「詐欺」とは明言されなかったものの、「アカウントに問題がある」として、
「発送中」にも関わらず返金などの手続きを進められたという。

●Amazonユーザーには返金も…氏名や住所が抜かれる
昨年末ごろから、こうした怪しい海外業者が増えているようだ。
Amazon出品者による掲示板「セラーフォーラム」には、「ここ半年、海外の新規業者が3~9割引きで
人気商品を販売しています」などと問題視するスレッドが複数立ち上がっている。多くの場合、
商品が届かなかったり、勝手にキャンセルされていたりするという。業者の狙いは、金を騙し取ることと、
個人情報を得ることだと見られる。

Amazonから業者に代金が渡ることもあるが、ユーザーにとって金銭的な損害はほとんどない。
「Amazon マーケットプレイス保証」を申請すれば良いからだ。これは30万円を限度として、Amazonが
業者に代わって返金してくれるサービス。

むしろ、怖いのは個人情報の流出だ。Amazonカスタマーセンターによると、商品が届かない場合でも、
業者にクレジットカードの情報が流れることはない。
ただし、(1)購入者の氏名、(2)商品受取人の氏名、(3)商品の届け先、は業者に伝わってしまうという。
「万一、個人情報の悪用による被害があった場合には、二次被害などを防ぐため、警察など第三者機関へ
ご相談ください」(Amazonカスタマーサポート)

消費者問題にくわしい岡田崇弁護士によると、消費者に金銭的な被害がなく、相手が海外にいるため、
消費者が業者を追及することは困難だという。

「サイトの安全性を高めるため、Amazonが何らかの対策をとるべきだろう。消費者も業者の評価を確認するなど
が注意が必要だ。
そもそも、個人情報が悪用されたり、商品が届かなかったりするリスクは、Amazonマーケットプレイスに限らず、
すべてのネットショップにあることも忘れてはいけない」と話していた。
-----------------------------------------------------------------------------------

マーケットプレイスで1円販売や極端に安い価格で販売している商品には
十分に気を付けましょう。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : Amazon マーケットプレイス 個人情報

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
注目記事