FC2ブログ

民進党またブーメラン?

民進党がまたブーメランを発動したようで・・・。

livedoorNEWS(ZAKZAK(夕刊フジ)):民進またブーメラン、加計学園関与していた… 
                          学部新設を強硬に要求「ぜひ実現してほしい」


以下引用---------------------------------------------------------------------------
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、国家戦略特区に獣医学部を
新設する計画をめぐる「文書」が注目されている。民進党は、内閣府が「総理の意向」をバックに文部科学省に
早期実現を迫ったか否かについて徹底追及している。だが、同党の若手議員も国会などで学部新設を強硬に
要求していたのだ。
これは、ブーメランではないのか。

 「これは、ぜひ実現をしていただきたい」「(加計学園の)獣医学部の件も含めて、省庁がいろいろ
抵抗することに対して、それを説得する役割が石破(茂)大臣(地方創生担当相=当時)じゃないか!」

 この発言は「官邸の最高レベル」の意向を受けた与党議員のものではない。岡山1区を地盤とする民進党
高井崇志(たかい・たかし)衆院議員=比例中国=が、昨年4月26日、衆院地方創生に関する特別委員会で
発したものだ。

 高井氏は中国、四国地方の獣医師が足りず、地域によって偏っているとして、国家戦略特区を使って
岩盤規制を突破するよう求めた。

 この質疑後の3日後、高井氏は自身のホームページにも、「(獣医学部新設は)地元の岡山理科大学が力を
入れており、『これは何としても実現して欲しい』と(中略)石破大臣に強くお願いした。前向きな答弁を
引き出すことができました」と書き込んでいた。

 高井氏は東大経卒業後、総務省に勤務し、江田五月元参院議長の秘書を経て、09年8月の衆院選で
旧民主党から出馬し、初当選した。当選2回で、政策通として知られる。昨年4月、加計学園が運営する
岡山理科大の入学式に、江田氏とともに来賓として出席していた。

 民進党は17日、「加計学園疑惑調査チーム」を設置した。蓮舫代表は「疑惑は一層深まっている。
早急に調査すべきだ」と追及姿勢を強めているが、自党の議員が学部新設を要求していたことも調査するのか。

 夕刊フジは18日夕、高井氏に獣医学部新設の是非を改めて聞いた。

 高井氏は「中国、四国地方には獣医が少ない。四国には獣医学部がゼロだ。地元の岡山理科大が
手を挙げているということもある(から新設を求めてきた)」といい、続けた。

 「これまで、岡山の議員が努力してきた。安倍首相になって一気に進んだという見方もあるし、今までの
積み重ねの結果(獣医学部新設が)実現したと見ることもできる。現時点では何ともコメントは難しい。
いろんな文書が出てきており、これらの経緯を見ていかなければならない」
-----------------------------------------------------------------------------------

さて、民進党どうする?





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : なんだかなぁ~。。。
ジャンル : ブログ

tag : 民進党 ブーメラン

蓮舫代表「息をするようにウソをつく。

蓮舫代表は党首討論で「息をするようにウソをつく」と安倍首相を批判したが、
当時の民主党はカジノ解禁を推進しており「見事なブーメラン芸」。

livedoorNEWS(BLOGOS):蓮舫代表、「息をするようにウソをつく。気持ちいいまでの忘れる力」を発揮する

以下引用---------------------------------------------------------------------
さて、先週7日に行われた党首討論にてIR推進法案の問題点について説明を避ける安倍首相に対し、
民進党の蓮舫代表が「息をするようにウソをつく。
気持ちいいまでの忘れる力を何とかして下さい」と詰め寄ったことが話題になっています。しかし、
その党首討論後に行われた記者会見にて、また蓮舫代表が「ブーメラン芸」をやらかしてしまいました。
以下、12月8日の蓮舫・民進党代表の記者会見より。

民主党政権下の行政刷新会議における改革事項の中に「民間事業者によるカジノの解禁」が記載されており、
当時の行政刷新担当大臣が蓮舫代表であったという事実。「当時と方針が変わったのか?」という記者の問いに対して、
蓮舫代表は

”当時の規制改革の数あるアイテムの中のひとつだと認識をしております。
ただ、それをもってして議員立法をさらに進めるべきだと私が力を入れた事もありませんし、政府として成長の中に
ひとつの選択としてあるという程度の認識です。”

ナルホド、力強いお答えであります。それではここで民主党政権下、国土交通省で策定された
「成長戦略」の公示文書をみてみましょう。以下、平成22年5月17日に発表された国土交通省成長戦略より。

” 国土交通省成長戦略
http://www.mlit.go.jp/common/000115442.pdf

2~3年後の実現を目指すもの

① ウィンターリゾート、医療観光等地域の特性に応じた観光拠点としての魅力の発掘を行う。
医療観光に関しては、在留・訪日外国人の医療ニーズ等を踏まえつつ、院内対応の多言語化、関係医療機関との
連携等による高度医療サービスの提供等について検討する。

また、カジノに関しては、導入による様々な負の副次的効果(青少年への悪影響、マネーロンダリング等)が
懸念されることから、外国人に利用を限定する、クルーズ船上でのカジノに限定して認めるといった条件も検討した上で、
カジノを含めた総合リゾート開発(IR)として参入を希望する外資などがあれば、法的措置を講ずることも含め慎重に検討する。
また、その制度設計にあたっては、ライセンス供与による特別立法、利益の一部を公益的事業にあてる等
公益性確保のための仕組み、導入による負の副次的効果回避の仕組みについてあわせて検討する。
地域の特性を活かして2~3年間で観光拠点としての魅力を向上できるポテンシャルのある地域を選定し、
省庁横断的に集中して支援を行うプロジェクトの実施を検討する。”

当時のことは私もよく覚えていますよ。
なんたって、私自身も民主党の政策調査会に招聘され我が国の統合型リゾート導入政策の在り方について
解説させられた専門家の一人ですから。
あの時の民主党は力強くカジノ合法化に向かって歩みを進めていましたね(棒

その後、民主党は様々な内紛を繰り返し、政権は瓦解してゆくわけですが、民主党政権が2010年の時点に
「2~3年後の実現を目指す」としてお約束したものを、それからさらに3年遅れで今、安倍政権が実現しようとしている。
そして野党に下って看板をかけかえた民進党が、今度はなぜかそれを批判している、というのが現在の構図であります。

で、何でしたっけ? 「息をするようにウソをつく。気持ちいいまでの忘れる力を何とかして下さい」でしたっけ?
その言葉を本当に噛み締めるべきは、一体、どなたなんでしょうか?
-----------------------------------------------------------------------------

見事なブーメランで言葉もない w





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : なんだかなぁ~。。。
ジャンル : ブログ

tag : 民進党 ブーメラン

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング