FC2ブログ

ファミリーマートがTポイントを廃止?

ファミリーマートでTポイントをためている管理人です。

気になるニュースが・・・。

livedoorNEWS(J-CASTニュース):ファミマがTポイントやめる? 伊藤忠社長インタビュー記事が波紋

以下引用---------------------------------------------------------------------------
ファミリーマートが新ポイントカードの導入を検討――、そんなニュースが出て「TポイントあるからファミT作ったのに」
などとネットが騒然となった。

発端となったのは、伊藤忠商事の岡藤正広社長に対する朝日新聞インタビューでの発言だ。「Tポイント」カードの
運営会社「Tポイント・ジャパン」はファミマも出資する会社でもある。ファミマからTポイントカードが消えることはあるのか。

「1年めどに新ポイントカード検討」
朝日新聞デジタルが2017年6月5日に配信した「伊藤忠、ファミマで使える新ポイント制度検討 社長言及」という
見出しの記事は、ユニー・ファミマHD株を約37%保有する筆頭株主の伊藤忠商事の岡藤社長が、

”「ATMもポイントも(利益の)流出がすごい。我々が提供したものは我々が利益を受け取るようにする」”

と語り、新ポイントカードの導入や金融事業への参入を検討しているとし、事業化を1年くらいで目途をつけたい、
と語った。
12時間後の17年6月6日午前5時に配信した記事では、内容は同じだが見出しが「新ポイントカード、伊藤忠が
導入検討 ファミマで利用可能に」となっている。同日付けの同紙朝刊経済面にも「新ポイントカード 伊藤忠が
導入検討 ファミマで利用可能に」という見出しで同じ記事が掲載された。

ファミマは「TSUTAYA」系のポイントサービスである「Tポイント」を採用しているが、インタビュー記事の中では
「Tポイント」の今後に直接触れている箇所はない。しかし、新ポイントカード導入とあって、ファミマ利用者の間では、
ファミマがTポイントカードをやめる検討に入ったと受け取った人が多かったようだ。

ファミマと伊藤忠にあらためて聞くと...
このため、ネット掲示板には、

”「Tポイント貯まるから優先的にファミマ使ってる俺はどうなる」”
”「これ以上カード増やしたくないから。ツタヤ、ファミマ、ドラッグユタカはTポイントで済むの助かってたんだけどな」”
”「加盟店の多さがポイントカードの命だろうに。自前でやってどうするよ」”

などといったことが次々に書き込まれることになった。

「Tポイント」カードの運営会社「Tポイント・ジャパン」はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が設立し、
今も筆頭株主だが、ファミマも大株主に名を連ね、役員も出している。最近はネット関連はソフトバンクグループ、
小売り関連はファミマがPRを主導してきた経緯もある。

ファミマが16年9月にコンビニ「サークルKサンクス」を傘下に持つユニーグループ・ホールディングスと
経営統合した際には、カードも「Tポイント」に統一した。ファミマが「Tポイント」から抜けるとなれば流通業界に
大きな衝撃を与える。

J-CASTニュースが6月7日にファミマ広報に取材すると、

”「Tポイントを無くし、新カードに切り替えるという事実は今のところありません」”

という回答が返ってきた。それでは岡藤社長の発言の意図はどこにあったのか。
伊藤忠商事は6月8日、J-CASTニュースの取材に話を聞いたところ、

”「ポイントカードを含め金融周りを1から考え直したいというのは、社長が決算発表などでも繰り返し口にしておりました。
今回の記事ではそれがクローズアップされましたが...」”

としたうえで、

”「Tポイントをやめるという事実はありません」”

という回答が返ってきた。

とりあえず、ファミマからTポイントカードがなくなることは当分なさそうだ。
-----------------------------------------------------------------------------------

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : ファミマ Tポイント

セブンイレブン vs ファミリーマート

管理人の自宅付近にはファミリーマートとローソンしかありませんが ^^;


livedoorNEWS(NEWSポストセブン):新生ファミマ 王者セブンとのガチンコ対決は沖縄から

以下引用------------------------------------------------------------------------
コンビニ業界のシェア争いが慌ただしくなってきた──。9月1日、業界3位の「ファミリーマート(以下、ファミマ)」が
流通大手のユニーグループ・ホールディングスと経営統合したことで、
ユニー傘下の「サークルKサンクス(以下、CKS)」の全店舗(7月末時点の店舗数は6251店)を2019年2月までに
ファミマに衣替えすることになったからだ。

 この統合により注目されているのが、コンビニ王者であるセブン─イレブン(以下、セブン)の牙城が崩れるのか
という点だ。

 確かに、単純にファミマCKSの店舗数を合算すると1万8123店になり、2位のローソン(1万2537店)を抜き去り、
セブンの1万8860店に肉迫する。統合会社のユニー・ファミリーマートホールディングスの上田準二社長も、

「われわれのチェーンビジネスは〈数=質〉〈質=数〉。規模の拡大と質の向上は直接つながっていくと思う。
全国にドミナント(※注)を密に広げていくことによって、いろんな事やサービスを提供する場になっていく。
まだまだセブンさんとは格差はありますが、キャッチアップしていきたい」

【※注/特定地域内に集中した店舗展開を行なうことで経営効率を高め、市場シェアを拡大させていく戦略】

 と自信をのぞかせた。では、実際に「ファミマ×CKS」の再編で全国の勢力地図はどのように塗り替わるのか。
経済誌『月刊BOSS』編集委員の河野圭祐氏が解説する。

「ファミマは2009年にエーエム・ピーエム・ジャパンを買収した効果もあり、東京都や大阪府ではセブンと拮抗する
形で店舗数を伸ばしてきました。
そこに、愛知県発祥で周囲の三重、岐阜、福井の各県でもトップを誇っていたCKSが加わることで、
東名阪の三大都市でダントツの店舗数を握ることになります」

 一方、迎え撃つセブン陣営は、東京以外の首都圏、一部東海、甲信越、北関東、中部、九州など幅広いエリアで
ドミナント戦略を拡大させており、すでにシェアを独占している大都市エリアを新生ファミマが切り崩すのは難しい。
そこで今後「陣取り合戦」が激しくなりそうなのが地方だ。河野氏が続ける。

「鹿児島県などの南九州、それに沖縄県はファミマがトップでしたが、セブンも空白地帯だった沖縄進出を明言しており、
こうした商圏の小さな県から“ガチンコ対決”が行われていくでしょう」

 だが、新生ファミマの規模拡大がどのくらいのスピード感をもって行なわれるかは未知数だ。
というのも、旧ユニーは経営統合と同時に約1000店に及ぶ不採算のCKSを閉鎖・店舗移転させる考えを持っている。

 業界内では、「立地の重複や統合コスト負担、有力FCオーナーの他チェーンへの鞍替えなどを考えれば、
閉鎖店舗は1000店では済まず、2000~3000店も十分にありえる数字」(大手コンビニ幹部)との憶測も流れている。

 いまのところ、看板の統一だけでなく、店舗システム、取扱商品などもすべて旧ファミマに片寄せする予定だが、
「店内に設置するATMの機種をめぐり、ファミマとCKSで折り合いがついていない」(コンビニ幹部)
という噂が広まるなど、この期に及んで店舗統合には不安もつきまとう。

 何よりも、セブン追撃にもっとも不可欠なのが、商品力や売り上げをどこまで伸ばすことができるかだ。
前出の河野氏が指摘する。

「ここ数年のファミマは、例えば『冷やし中華』の麺にモチモチ感を加えたり、タレを夏の間だけで2回も変えたりするなど、
惣菜を含めた商品力はかつてとは比べものにならないほど良くなっています。

 それでも日販(1日1店舗あたりの売上高)で10万円以上も差をつけられていることを考えると、
セブンの優れたMD(商品政策)に追いつくのは容易ではありません。上田社長も言うとおり、数と並行して
質のキャッチアップができなければ、統合した意味はありません」

〈どの業界でもナンバーワンVS対抗勢力しか勝ち残れない──〉が持論だった上田氏は、見事にファミマを
2番手まで引き上げた。
しかし、すでに飽和状態といわれるコンビニゆえに、今後も他業態を含めた大掛かりな再編劇が起きる可能性は
十分にあるだろう。
--------------------------------------------------------------------------------

あおりを受けて近所のファミリーマートが潰れませんように ^^;





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : ファミマ セブン CKS コンビニ

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング