FC2ブログ

デニーズ1号店、20日閉店

管理人の自宅からさほど遠くないところにあるイトーヨーカドー上大岡店。
耐震性の問題で閉店するのだが、デニーズの1号店がテナントとして入っているが・・・。

朝日新聞DIGITAL:デニーズ1号店、20日閉店 米国流の画期的サービスも

以下引用----------------------------------------------------------------------
 横浜市港南区にあるファミリーレストラン「デニーズ」1号店の上大岡店が20日午後8時で閉店する。
1974年4月にオープンし、米国流のおかわり無料のコーヒーや店員が客を座席まで案内するシステムを採用。
オープンカウンターが店の象徴だった。常連客らが詰めかけ、別れを惜しんでいる。

 京急上大岡駅に近い住宅街。30年以上店に通う金子英雄さん(76)は週に4日は朝食を食べに来る。
定食を味わいながら「この店の人たちはみんな話に応じてくれる」。なじみになった店長が異動すると、
移った先の店を訪ねたことも。「閉店を知って、懐かしんで訪れる客が増えたね。店の雰囲気が好きなんだ」

 74年4月27日、当時のイトーヨーカ堂が、米国の運営会社とライセンス契約を結び、ヨーカドー上大岡店の
1階に店を開いた。郊外の幹線道路近くを選んだのは、マイカー時代を見越してのことだったという。

 その後に商標権を買い取って運営にあたるセブン&アイ・フードシステムズ経営企画室や店によると、
内外装は米国仕様をそのまま再現。調理場が見えるオープンカウンターは当時珍しく、椅子は足が床に
届かないほど高かった。ふかふかのカーペットが敷き詰められ、靴を脱いで入ろうとする客もいたという。

 当時のメニューには「卵1個をおこのみの焼き方で」といった記述が残る。本場米国のダイナー(食堂)さながら、
卵を焼いたりゆでたり、火の通し具合も含めて10種21通りの食べ方が選べた。調理場には料理人の名札をかけ、
指名もできたという。

 今では当たり前のサービスも当時は画期的だった。来客を店員が座席まで案内するシステムを導入。
おかわり無料のコーヒーは、ポットから注ごうとすると、有料と勘違いする客が慌ててカップを手で覆うこともあった。
デニーズはその後全国各地に出店し、上大岡店は社員教育のための実習店舗としても使われた。

 80年に入社し、最後の店長を務める山口隆雄さん(59)は大学生の時、この店を訪れてアメリカンサイズの
大きなカウンターに驚いた。
「お客様と店員との距離が近い、この店の象徴。こちらの仕事が丸見えで、ごまかすことができない」。
全国386店に広がったデニーズでも、オープンカウンターは5店だけという。

 入居するイトーヨーカドーの閉店に伴って、歴史に幕を下ろす。「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ」。
お決まりのあいさつが生まれた店にはいま、かつての従業員や常連がたくさん訪れてカウンターに腰掛け、
名残を惜しんでいる。
------------------------------------------------------------------------------

閉店前に1回行っておくかなぁ。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : デニーズ

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング