FC2ブログ

武蔵小杉タワーマンション、終了のお知らせ

武蔵小杉のタワーマンションの1棟が、浸水により下水処理施設に何らかの障害が生じ、
各戸のトイレが使用できなくなるという事態に陥り、1階から3階の防災トイレを共用するという
事態に陥っているようです。
(出典:ガハろぐNEWS:武蔵小杉のタワマンでトイレ禁止令

パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー 公式サイト:防災

タワーマンションも、さすがに浸水にはかなわなかったようです。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : タワーマンション トイレ

タワマン内のコンビニ店員が嘆く住人のムチャな要求

低層マンション住まいの管理人です。

タワーマンションの住人はホテルか何かと勘違いしているんでしょうか?

livedoorNEWS(日刊SPA!):タワマン内のコンビニ店員が嘆く住人のムチャな要求「毎朝ヨーグルトを届けて」

以下引用-----------------------------------------------
「コンビニが好きすぎて、コンビニに転職しました」……そう私が言う度に好奇の目に晒されてきた。
周囲の人曰く、私はちょっとおかしいのだそうだ。しかし私は本気だった。
「大好きなコンビニに1日8時間もいれて、さらにお金までもらえるなんて!」と本気で思っていた。
そんな私は約2年間、某コンビニチェーンの直営店で店長を務めていた。

 コンビニにはさまざまな客が来る。その中には明らかにムチャなことを押し付けてくる
“迷惑な客”だって少なくなかった。
今回はタワーマンションの住民専用の店舗で目の当たりにした驚くべき要求をご紹介したい。

◆「毎朝ヨーグルトを私の部屋まで届けてくれるわよね?」

 私は一時期、ヘルプで都内人気エリアのタワーマンション内にある住民専用の店舗に勤務していた。
最上階は数億円とも噂される49階建ての高級タワーマンションだ。
きっとセレブで上品なお客ばかりでラクに違いない……コンビニのものを買う習慣もなさそうだし……
そんな考えは初日から覆されることとなる。

 ヘルプ初日に店にやってきたのは裕福そうな身なりの40代女性だった。
ヨーグルトを吟味していたと思ったら、レジでお会計と同時に私にこう言った。

「このヨーグルトを私は毎朝食べたいのよ。毎朝これ、私の部屋まで届けてくれるわね?」

 マンション内にあるコンビニの店舗はそこまで混雑することもなく基本はワンオペである。
とはいえ、清掃や納品、ホットフードの調理に発注など業務は多岐に渡る。決してヒマなわけではない。

 ワンオペのため、当然トイレも行けない。どうしてもの時は客がいないタイミングにダッシュで
廊下を10メートルほど行った住人用共有トイレに行き、30秒以内に戻るようにしていた。

「申し訳ありませんが、そのようなことは致しかねます」

 そう伝えると、なぜか本部のお客様相談窓口にクレームが入ったらしい。
上司が間に入り、「毎日指定の銘柄のヨーグルトを切らさないで品揃えする」ということで話は落ち着いた。

◆「キーをかざせば部屋付支払いになるかしら?」

 さらに別の日、全身に「FFFFFFF」と某ブランドのロゴが施されたワンピを着用し、
ごっつい大きな指輪を付けた年齢不詳のご婦人が来店した。
値札がなくても値段を気にせず買う姿など(※値札のつけ忘れは店側のミスだ)はまさにセレブそのもの。
そして彼女はレジで私が「合計8点で3280円です」と伝えるとこう返した。

「部屋のキーかざせば部屋付支払いになるかしら?」

 ……そんなシステムはたとえ最新レジにもついているわけがないだろう。
リゾートにあるような高級ホテル感覚なのだろうか。
もちろん、ここはホテルではなくマンションなわけだが。

◆「子どもに悪影響だから雑誌は全て撤去してほしい」

 そんな客たちにも慣れてきた数週間後、子連れの母親が来店し、
「雑誌とマンガ、なんとかなりませんか」と言う。

 コンビニといえばエロ本が隅っこに置かれている店が多い。
しかし、この店ではマンション内の店舗ということもあり、基本エロ本は置いていなかった。
しかし、18禁ではない週刊誌や漫画雑誌、単行本などはサラリーマン需要も見込み、
ある程度は品揃えをしていた。

 その母親曰く、「ああいう雑誌は、子どもの教育に悪いんですよ!」と雑誌コーナーを指さし怒り始めた。
具体的に掘り下げると、全ての週刊誌、水着を着たアイドルが表紙の週刊マンガ雑誌、
単行本のマンガさえもNGだと言う。水着のお姉さんが写っていない表紙の雑誌だとしても、
「不倫」「ヌード」「熱愛」といった文字が踊るのもNG。さらに、どうやら「高級タワマン大暴落!」
「働くママがカッコイイ!」といった見出しの雑誌も不愉快に感じるらしい。

 最後の方は子どもの教育に関係ないのでは……タワマン住人は異常に見栄っ張りで、
気にしすぎるところがあるのかもしれない。

 上司と協議の結果、いちいち「この雑誌はOKか」と考えながら陳列するのも難しいので
雑誌・書籍の販売を取りやめることになった。タワマン住民たちの声に応え続けているうちに、
あまりにも偏った品揃えになるのではないか、全住民の総意ではないのではないか……
そう懸念していたものの、住民しか利用しないのだから応えるしかない、そんなジレンマのあった
タワマン内の店舗での勤務の数日間はかなり特殊な経験となったのだった。
-------------------------------------------------------

タワーマンション住人恐るべし。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

tag : タワーマンション

「住みたい街」武蔵小杉の問題点

普通のマンション住まいの管理人です。

人気の武蔵小杉には問題点があるようです。

livedoorNEWS(現代ビジネス):【東浦亮典】タワマン乱立する「武蔵小杉」に必要なのは、
                  エリアマネジメントだ 「住みたい街」に露呈した問題点


以下引用-----------------------------------------------------
東横線、田園都市線をはじめ、「住みたい路線」アンケートでつねに上位にランクインしている東急電鉄。
同社の現役執行役員、東浦亮典氏は、著書『私鉄3.0』(ワニブックス刊)で、東急の人気の秘密と
その未来について、分析および提言を行なっている。
中でも近年、人気上昇中のまちが武蔵小杉だ。しかし、タワーマンションの乱立によって、人口が急激に増加。
そのひずみも顕在化している。これから武蔵小杉はどうなるのか? 東浦氏が語った。

変貌をとげた武蔵小杉
自由が丘は昔から人気の街でしたが、同じ東横線で近年赤丸急上昇中の街が武蔵小杉です。

武蔵小杉はかつて京浜工業地帯の一角を担う一大工場地域でした。武蔵小杉が現在のように
一気に発展したのは、こうした工場群が事業所統合や海外移転などによりなくなったことで、
駅周辺に大規模な空地ができたからです。

そこで川崎市は武蔵小杉を市内の第三都心と位置付け、これらの工場跡地をフックに
大きなまちづくり構想を練り上げ、規制緩和してタワーマンションを開発誘導した効果が表れました。

田園都市線の沿線地域における東急のように、「武蔵小杉を開発したのはこの会社」という企業はありません。
いくつもの大手デベロッパーが参入して、それぞれにタワーマンションなどの開発を進めました。

1995年に地区内初のタワーマンション「武蔵小杉タワープレイス」が建設されて以降、雨後の竹の子の如く
タワーマンションが林立する街へと変貌を遂げました。

武蔵小杉がある川崎市中原区は、20年前と比較すると人口増加が顕著です。
19万5000人だった人口は25万8000人に。一気に6万3000人も膨れ上がりました。
全国で人口減少が問題視されているさなか、短期間でこれだけの人口増を達成している街は
他に類を見ないでしょう。

実は東急電鉄はこの武蔵小杉のタワマン開発競争に出遅れてしまい、今のところ2013年に駅上の
マンションと商業施設を開発したのみに留まっています。これは東急電鉄の開発嗅覚の鈍さを
露呈してしまったとも言えますが、昔の武蔵小杉の姿を知っていただけに、これほど短期間で今の姿に
変わるとは予想しきれなかったとも言えます。

最近では「住みたい街ランキング」で上位にランクインするほどの人気の街に成長した武蔵小杉ですが、
一方で問題点も浮き彫りになってきています。

それは、ある程度計画的に造られたとはいえ、各デベロッパーがそれぞれ工場跡地などに計画した開発なので、
街全体最適にはなっておらず、交通動線は急激に増えた人口を捌ききれていません。
鉄道駅が朝の時間帯大混雑している様子なども報道されていますし、膨大な新住民と古くから住んでいる
旧住民がうまく交流できていない、といった課題もあります。

全国の自治体でも例がないくらい中原区の人口が増えているのはタワマン効果ですが、
地域住民間のつながりが弱く、コミュニティーも希薄です。旧住民からも「これ以上武蔵小杉に
タワマンはいらない」という意見が自治体に出されていますが、偽らざる本音でしょう。

エリアマネジメントが急務
当の川崎市も自らの施策が大成功を収めたものの、想定外の事態に悩んでおり、各デベロッパーを集めて、
なんとかエリアマネジメントをやってもらえないかというオファーを重ねてきました。

しかし、そこにたまたま開発用地があるから落下傘のように降りてきたマンションデベロッパーからすると、
住戸販売が完了したら当該地域から当然去っていきたいわけで、いつまでもエリアマネジメント活動に
付き合う考えは持っていません。

昨今、欧米のトレンドの影響もあって、日本でも「エリアマネジメント」という言葉がまちづくりの業界で
バズワードになっています。

一言でいえば、民間セクターの団体が「地域の治安を維持するとともに、地域価値を高めていく
一連の活動」のことを指します。特定の地域や街区単位で、道路や公園といった公共空間を含めて
清掃や警備、修景事業、各種イベントなども行います。

「それは役所あるいは町内会の仕事でしょう?」というのが今までの常識かもしれません。
しかし、公共空間を杓子定規に管理すると「みんなの公共空間」だったはずが禁止事項だらけで、
「誰のためにもならない公共空間」になってしまうという問題が生じます。

それぞれの地域実情に合った形で、公共空間の使い方を地域に委ね、もっと多様な使い方ができるように
「開いて」いく。副次的には、公共空間の管理コストが下がり、場合によっては公共空間で一定の
ルールの中で行った収益事業の一部を還元してもらい、ケースによっては全く税金を投入しなくても
公共空間の維持や質的向上が図れる場合もあります。

エリアマネジメントの先進地である欧米では、「BID(Business Improvement District)」という制度が
確立されています。

BIDとはエリアマネジメントを行う特定のエリアに不動産を所有するオーナーから資金を出してもらって、
それをベースに特定のエリアマネジメント団体がワンランク上の街並みづくりや治安維持、
イベント展開などを行う制度です。

中長期的視点での開発を
オーナーにとっては、税金に加えてBIDの負担金が取られるので反対する人もいると思われるかもしれません。
しかしこの活動によって地域価値が上がり、さらに居住者、来街者、就業者の増加につながれば、
最終的には土地、建物を保有し、商売をしているオーナーの元へと資金が還流するのです。

一般的に特定地域内でこうした活動を行おうとすると、ヒト、モノ、カネ、情報といったあらゆる経営資源に
事欠くことが常です。
その中でも資金調達が一番の課題となります。残念ながら先立つものがないと、ワンランク上の
まちづくりはできません。

国内でも「日本版BID」を創設しようという機運が高まっており、国、自治体でも議論が活発になっています。

2018年6月には地域再生法の改正により、特定地域の3分の2以上の事業者の同意が取得できれば
市町村が活動費用に相当する資金を事業者から徴取して、エリアマネジメント団体に交付することができる
「地域再生エリアマネジメント負担金制度」が創設されました。

しかし、日本国内でエリアマネジメントの成功事例と言われているのは、
「大手町・丸の内・有楽町地区(いわゆる大丸有)」のように大企業が構成要員で居住者がほぼ不在の都心エリア、
札幌のように行政側の強力なサポートがある地域が中心で、特に郊外部で地域住民中心の場合は
なかなか成功している事例がないのが実情です。

武蔵小杉にはすでに「NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント」という団体が組成されており、
タワーマンション住民や地域団体のキーパーソンなどを中心に活発に活動をしています。
とはいえ、新たに街の住人の数が増え続け、マンションエリアも拡大している武蔵小杉においては、
まだ課題山積というところでしょう。

今は勢いのある武蔵小杉ですが、一気に出来上がった街ですので、あと30~40年も経過したら
タワマンの建て替えや高齢化の問題なども表面化するでしょう。

武蔵小杉の事例を見るにつけ、改めて開発にはスピードとバランスが大事だと感じます。
東急は鉄道事業を抱えていることもあり、デベロッパーとして比較的中長期的な視点に立って
物事を考えることができる数少ないプレイヤーです。

少なくとも東急沿線内においては、自分たちがやった仕事に対して、「短期的に稼いだから後は知らない」
という無責任なスタンスは基本的には取れないのです。

私鉄が目指すべき未来、首都圏のまちづくりの未来を、東急電鉄の現役の執行役員が大いに語る。
-------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : タワーマンション 武蔵小杉

囁かれ始めたタワーマンションの欠陥

普通のマンション住まいの管理人です。

livedoorNEWS(ZAKZAK(夕刊フジ)):囁かれ始めた欠陥 タワマンは雨漏りしやすい?

以下引用---------------------------------------------------------------------
【マンション業界の秘密】マンションの欠陥というものは、なかなか表に出てこない。「あのマンションは欠陥建築だ」
という噂が広がると、売却するときに買いたたかれる。だから、分譲マンションで欠陥や不具合が見つかると、
管理組合側はなるべく穏便に元の売主(デベロッパー)と交渉して、補修工事をさせようとする。

 ところが、売主企業も施工会社も、そういった弱みを知っているから、ウニャウニャと言い逃れに終始するケースが多い。

 それで購入者が怒りだすと、子会社である管理会社にこう言わせる。

 「あまり騒ぎすぎると、噂が広がって資産価値が落ちますよ」

 少し前、建物の杭が支持基盤に達していないことが判明し、全面建て替えとなったマンションがあったが、
ああいうケースは例外中の例外。たいていの欠陥は管理組合側の泣き寝入りとなる。

 最近、業界関係者の間で囁かれ始めたのが、タワーマンションの雨漏り。現代の建築技術の粋を集めて
造られているはずのタワマンで、なぜ雨漏りといった初歩的な問題が起こるのか。

 第一に考えられるのは、タワマンの外壁に多用されているALCパネルの継ぎ目から雨水が浸入するケースだ。
ALCというのは、高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートのことで、工場で大量生産される。
重量が鉄筋コンクリートの約4分の1なので、荷重負担を軽くしたいタワマンにはうってつけの建材なのだ。

 施工現場では、工場から運ばれてきたALCパネルを外壁面にはめ込んでいく。だから、タワマンの施工は壁に
コンクリートを流し込む通常の板状型よりも早く進む。

 ALCパネルの継ぎ目には弾性目地材の充填(じゅうてん)でコーキングし、雨水の浸入を防ぐ。
ところが、タワマンは地震や風でよく揺れる。すると継ぎ目の劣化が早くなる。さらに、高層階は風が強いので雨が
横殴りに打ってくる。雨水が浸入しやすいのだ。

 あるいは、タワマンでは外観デザインを優先するためにサッシ面が外壁と同一面になっているケースが多い。
サッシと壁面の継ぎ目も、おなじ理由から劣化して雨水が浸入しやすくなる。

 雨漏りは、基本的に共用部である外壁から起こるので、補修は管理組合の費用で行うことになる。外壁は
「主要構造部分」であるので築10年以内なら売主の責任で補修することになっている。

 タワーではない普通のマンションなら、築10年以内に雨漏りすると、鉄筋コンクリート部分の施工に問題があるので、
欠陥建築に近い。ところが、タワマンの場合は、施工がキッチリとなされていても地震の強さや頻度によって
雨漏りが起こりやすいと考えられる。また、40階以上といった高さになると、日々風で微妙に揺れている。

 タワマンが劇的に増えたのはここ20年ほど。今後、築20年や30年の物件も増えてくるが、
見えていない問題も多そうだ。
-----------------------------------------------------------------------------

タワーマンションに住んでいる方、雨漏りしていませんか?





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : タワーマンション タワマン

危険なタワーマンションからの落下物

タワーマンションも近年増えているが、対策のしようがない「落下物」の問題。
川崎のタワーマンションでは相次いでいるようで。

livedoorNEWS(日テレNEWS24):武蔵小杉タワマンから落下 今度は「金網」

以下引用-------------------------------------------------------------------------------

8日午前、神奈川県川崎市の路上で、タワーマンションから投げ落とされたとみられる金網が4枚見つかった。
このマンションでは、去年から落下物が相次いでいて、警察が捜査している。

 警察によると、8日午前8時半ごろ、川崎市の武蔵小杉駅近くで「金網が落ちてきた」と通報があり、
タワーマンション前の路上で、重さ約250グラム、縦25センチ、横30センチほどの大きさの金属製の金網4枚が
見つかった。
けが人はいなかった。

 同じマンションでは、去年9月にペットボトルなどが上から落ちてきたほか、先月には目覚まし時計が落ちてきたという。

 警察は何者かが故意に投げ落とした可能性が高いとみて、捜査している。
---------------------------------------------------------------------------------------

故意に投げているんだろうなぁ・・・。早く解決することを望む。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : タワーマンション 金網 故意 警察

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
注目記事