FC2ブログ

スズキのジムニー、2.1万台リコール

スズキのジムニーリコールが発生しました。

朝日新聞DIGITAL:スズキのジムニー、2.1万台リコール 燃料漏れる恐れ

以下引用------------------------------------------------
 スズキは10日、燃料ホースの不具合で燃料が漏れるおそれがあるとして、ジムニー2万1248台
(2018年5月~19年3月)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、ホースの弾力が足りないため、ほかの部品に接触した時に傷がつくことがあるという。
--------------------------------------------------------

SUZUKI:ジムニーのリコールについて







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : ジムニー リコール

軽自動車としてではなく「ジムニーとして」指名買いされる実力

免許は持っていませんが買うならジムニーと思っている管理人です。

livedoorNEWS(clicccar(クリッカー)):【スズキ・ジムニー試乗】軽自動車としてではなく
                       「ジムニーとして」指名買いされる、その実力に納得


以下引用------------------------------------------------------
日本を代表するミニマムクロカン4WDであるジムニーが、20年ぶりにフルモデルチェンジされました。
フラットなパネルを多用したボディワークは原点回帰を感じさせるもので、ジムニーの
フルモデルチェンジを待ちわびていた人たちに大歓迎されました。
20180822_001.jpg

新型となったジムニーは従来どおりのフレーム式プラットフォームを用いています。
フレームは2本のクロスメンバーと1組のXメンバーで強化されました。
サスペンションも従来通り3リンクリジッドコイル、ホイールベースも前後トレッドも変更はありません。
20180822_008.jpg
20180822_002.jpg

搭載されるエンジンは660ccの3気筒ターボですが、先代がオーバースクエアのK6Aであったのに対し、
新型はロングストロークのR06Aになりました。
最高出力は従来どおりの64馬力ながら最大トルクは96Nmと若干のダウン。
ですが、VVTが装着されたこともあり燃費的には優位になるはずです。
20180822_003.jpg

試乗車は5MTモデルでした。オンロードで加速をしていくとトルクダウンしているとは思えない
フィールを感じます。先代は一生懸命エンジンが回っている印象でしたが、新型はエンジンの
トルクがしっかりとタイヤに伝わっている印象で軽薄感がありません。
低速トルクの厚みが増した感じがあり、低めの回転数でシフトアップしていっても粘り強く
エンジンのトルクが付いてきます。
20180822_004.jpg
20180822_009.jpg

軽自動車にしては比較的長めのストロークを持つクラッチペダルは扱いやすい設定です。
ペダルストロークを短くしたほうが操作が素早くなり、街乗りでは楽でしょうが、
ゆったりと乗ることが似合い、クロスカントリー走行もある程度ペダルストロークがあったほうが
ゆっくりとしたシフト操作となるので、好ましいものとなります。
20180822_005.jpg
20180822_010.jpg

フレームの剛性がアップしたことやボディマウントのゴムブッシュが大型化されたこともあり、
乗り心地の快適性はアップしています。サスは固定式ですが良路面でも快適。
ストロークはしっかりとありますし、ロール時の安定性も高いです。

今のクルマの多くが扁平率の低いタイヤを履きますが、ジムニーのタイヤは
175/80R16としっかりとしたエアボリュームを持ちます。このタイヤだけで十分な
快適性を確保できています。
20180822_006.jpg
20180822_011.jpg

クロスカントリー走行では、サスペンションストロークを生かしたジムニーの真髄が見えました。
ジムニーは2WD(FR)と4WDを切り替えるパートタイム4WDです。
さらに副変速機を備えていて、ローギヤを使うことができます。
左右にこぶのあるモーグル路面でもフロアをこすることはなく安定して前に進むことができます。
20180822_012.jpg
20180822_013.jpg

なによりも感動するのがスタックしそうな場面で働くブレーキLSDによる駆動力の効果です。
空転したタイヤにブレーキを掛けることにより、接地しているタイヤに積極的に駆動力を配分し、
スタックから脱出します。このブレーキLSDはローギヤモードのみで作動します。

また、坂道発進時に最長2秒ブレーキをかけ続けるヒルホールドコントロールや、
下り坂でブレーキを自動制御し低速走行ができるヒルディセントコントロールも備え、
イージーなクロスカントリードライブが可能です。
--------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : ジムニー

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング