FC2ブログ

新型コロナめぐりエアロゾル感染説 中国発表に専門家は疑いも

また、中国がやらかしたかもしれません。

livedoorNEWS(J-CASTテレビウォッチ):ええっ、呼吸するだけで感染する!?
                    中国当局が発表した新説が信用できない理由


以下引用----------------------------------------------
新型コロナウイルスの感染経路について、中国の上海当局がおととい8日(2020年2月)、
「エアロゾル感染ではないか」との専門家の意見を発表した。これまでは咳やくしゃみによる「飛沫感染」と、
感染者に触れることによる「接触感染」が言われていた。どういうものなのか。

東京歯科大の寺嶋毅教授によると、「エアロゾル」とは空気中に漂う小さな粒子のこと。
飛沫感染ではウイルスはふくんだ水分が体外に飛び出て他の人に感染を広げるが、エアロゾル感染では、
ウイルスは水分が蒸発しても生き延びて空気中を漂い続ける。「マスクをしても、網の目を通ってしまう」
「ウイルスはとても軽く、遠くまで行くことがある」という。

中国当局は自分に責任ないと言いたいのか」
司会の加藤浩次「水分が蒸発しても死滅しないウイルスで、呼吸するだけで感染する可能性があるということですね。
もしエアロゾル感染なら、感染者は莫大に広がる。
ネットで騒いでいる人もいるが、出どころが上海では、どれぐらい信ぴょう性があるかという気がします」

寺嶋教授は「日本の状況を見ると、とても空気(を吸い込むエアロゾル)の感染とは思えない」と指摘する。

橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「あれ、政治的背景があるなと一瞬思った。中国当局には人災だという批判まである。
いかんともしがたいウイルスそのものの問題というために出てきたのではないか」

加藤「中国当局は(自分に)責任ないと言いたいのか。いろんな情報があるが、冷静に考えないといけない」

寺嶋教授は「私はやはり飛沫感染、接触感染だと思います」と否定的だ。
------------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : コロナウイルス 中国

武漢市の感染者、実際は39倍?

宿直明けの管理人です。

武漢市の感染者数に疑惑が出ています。

livedoorNEWS(共同通信):武漢の感染者、実際は39倍? 帰国した邦人と比較

以下引用----------------------------------------------
 【北京共同】中国湖北省武漢市からチャーター機で日本へ帰国した邦人の新型コロナウイルス感染率が高いと、
中国で驚きの声が上がっている。中国当局が発表した同市の感染者の割合に比べ「39倍も高い」というのだ。
現地は医療現場が混乱しているため、実際には発表よりかなり多くの感染者がいる可能性がある。

 日本政府はチャーター機計3便を武漢市に派遣し、邦人565人が帰国した。厚生労働省によると、
チャーター機に乗っていた感染者は、症状のない人も含め計8人。感染率は1.416%だ。

 一方、1月31日現在、武漢市の感染者数は3215人で、感染率は0.036%にとどまった。
------------------------------------------------------

39倍だとすると、3215人×39=125,385人となる。

もう、やはりパンデミックだ。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : コロナウイルス 中国

新型ウイルスは中国の生物兵器?

日々患者が増加している新型コロナウイルスによる肺炎患者。

これについて気になる記事が・・・

livedoorNEWS(JBpress):燻る「新型ウイルス=生物兵器」説、専門家が解説

以下引用---------------------------------------------
 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、人から人への感染も確認され、
感染者数は瞬く間に2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)の全世界感染者数(8096人)を上回った。

 当の中国当局をはじめ、感染者が確認された日本や米国、台湾など各国・地域でも対応に躍起だが、
その一方で、猛威をふるう新型ウイルスについて、米メディアなどでは「現地の病源体研究機関から漏れた」
中国の生物兵器」とする指摘や疑念も提示されている。

 松本・地下鉄両サリン事件で日本の警察に協力した実績を持ち、毒物、生物・科学兵器などの研究で
世界的権威とされる台弯出身、米国在住の化学者、杜祖健(と・そけん)氏(89)=英語名アンソニー・トゥー氏=が、
これに関し「生物兵器研究所から細菌やウイルスなどの病原体が漏れ、騒動になることはよくある」と指摘。
また、この分野でも中国と台湾が対峙している実情を含め、現時点での見解を語った。

生物・化学兵器の権威が「バイオ兵器説」を解説
「新型コロナウイルス中国の生物兵器なのか」この問いかけに対し、米コロラド州立大名誉教授である杜氏は
「現段階では判断できない」としつつも、「1979年に、旧ソビエト連邦・スべルドロフスクの生物兵器研究所から
炭疽菌が漏れて、多くの市民が死亡した事件は有名」などと過去の実例を挙げる。

 また、今回の病原の出所が当初は武漢の市場などと報道されたものの、その後、米メディアがイスラエルの
元軍関係者の証言をもとに「中国科学院武漢病毒研究所から漏れた」などと報じ、
「中国の生物兵器」である疑念も示されたことについては、その「可能性」に関してのみ肯定してみせた。

 武漢病毒研究所は、致命的レベルのウイルスを扱うことが可能なバイオセーフティーレベル4(BSL-4)の
研究所だとされており、杜氏は「この設備は2015年にできた」と証言する。

「私が最後に中国を訪れた2005年、北京の生物兵器研究所で講演したときにはBSL-3の設備が出来たばかりだった」
「今なら武漢病毒研究所で一番危険な研究もできる」と、中国がこの分野の研究を短期間で進歩させたことを強調する。

過去には台湾の生物兵器研究所からSARSウイルスが漏れた例も
 台湾出身の杜氏は、日本統治時代の1930年生まれ。父は台湾人初の医学博士号取得者として知られる
杜聡明氏(1893~1986)だ。自身は化学者を志し、戦後は台湾大を卒後に渡米。
スタンフォード大(博士)などで学んだ。

 蛇毒の研究を専門とし、生物・化学兵器に詳しく、オウム真理教による松本・地下鉄両サリン事件では、
日本の警察に協力してサリン検出法などの情報を提供。こうした功績から2009年に旭日中綬章を受章している。

 また研究目的で2011年以降は、オウム真理教の教団内でサリン製造の中心人物であり、VXガス殺人事件にも
関与した死刑囚と、刑執行直前まで面会を重ね、著書『サリン事件死刑囚 中川智正との対話』(角川書店)などで
事件の真相に迫った。

 杜氏は今回の新型コロナウイルスの感染拡大騒動に関連し、一例として「一般には知られていないが台湾にも
生物兵器研究所があり、最新の設備、BSL-4がある。
SARSウイルスも培養、研究していた。かつてこれが外部に漏れたこともあるが、すぐにコントロールできたので
大事には至らなかった」などと、その知られざる実態を証言する。

 現在もなお台湾がSARSウイルスを培養しているかどうかは「わからない」と断ったうえで、
「生物兵器は相手が何を作っているかがわかれば、ワクチンや抗毒薬で対応できる」と、この方面でも中国と台湾の
対峙があることを示唆。「しかし、どの国でも何を作っているかは極秘にしている。わからないことは多い」という。

中台緊迫時に、台湾を襲った中国発の口蹄疫
 台湾では、1996年、台湾初の総統直接選が行われ、中国がミサイルを台湾近海に発射するなど圧力を加える中、
台湾の民主化・本土化を進めてきた李登輝氏が当選したが、その翌年の1997年、台湾の養豚業界では
中国発の口蹄疫がまん延し、400万頭以上の豚が殺処分され、台湾産豚の海外輸出が禁止されるなど、
約1700億台湾元(約6200億円)もの損失が生じたとされる事例があった。

 杜氏はこうした事例に触れ、「米国の報道には、これは中国の生物兵器で、台湾に対して使用したという報告もあった」
と同様の疑惑に言及。
事実、台湾ではこれ以降、中国発の疫病などへの警戒感を強めており、2018年には、中国でアフリカ豚コレラが
流行していたことを受け、台湾の農業委員会が「2018年アフリカ豚コレラ中央災害対策センター」を設置。
中国と一定の距離を置く与党・民主進歩党の蔡英文総統が、台湾の養豚業者などに注意喚起する一方、
中国に対しても「発生状況を隠さないように」と呼びかける一幕もあった。

 杜氏は口蹄疫流行の際の「生物兵器説」については、その後の台湾訪問の際に、実際に生物兵器研究所に
問い合わせたというが、「可能性はあるが、真偽はわからないという回答だった」と回顧。
また同様に中国でも軍の生物兵器担当者に確認したというが、「『そんなことは絶対にない』と、
予想通りに否定された」と証言する。

「しかし当時、台湾で流行した口蹄疫は台湾在来の菌種でなく中国甘粛省蘭州の研究所から出てきたとされている。
生物兵器かどうかの真偽は不明だが、仮に真実でも使用者側は必ず否定するだろう」と断言。
そのうえで「生物兵器での防御では、情報収集が非常に大事だ」と指摘している。
-----------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : コロナウイルス 中国

新型コロナウイルス、症状がない感染者国内で初確認

拡大の兆し、もとい拡大している新型コロナウイルス
武漢からの帰国者で、症状の出ていない感染者が見つかっていたようです。

livedoorNEWS(テレ朝news):29日帰国の3人の感染確認 症状ない人は国内で初

以下引用------------------------------------------
 29日、チャーター機で中国・武漢から帰国した日本人のうち3人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。
また、厚生労働省は国内での「ヒトからヒトへの感染」を初めて認めました。

 厚労省によりますと、感染が確認されたのは50代の男性と40代の男性、そして50代の女性の3人です。
このうち50代の男性は帰国時には症状がありませんでしたが、都内で診察を受けたところ、喉の痛みが分かり、
高熱も出たため入院していました。ウイルス検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。
肺炎かどうかは確認されていません。また、40代の男性と50代の女性はせきや熱など症状はありませんでしたが、
ウイルス検査で「陽性」と出ました。症状のない感染者が確認されたのは中国以外では初めてということです。
また、厚労省は30日に国内でもヒトからヒトへの感染があったと初めて認めました。観光客に同行した
バス運転手とツアーガイドが感染したことが確認されたためです。
--------------------------------------------------

「症状がないのに感染」しているのに、検疫を拒否して帰宅した人が2名いるとの記事もあった。
この2名はキャリアで間違いないのでは?なにか感染の心当たりがあったのでは?

--------------------------------------------------
安倍首相は、帰国した日本人2人からウイルス検査の同意が得られなかったことについて
「拒否されたのは大変残念だ。国内に帰った後も相当長時間にわたり説得した」と述べた。
--------------------------------------------------

この2名から感染者が広がらなければいいが・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : コロナウイルス 中国

新型肺炎でメルカリにマスクの出品相次ぐ

普通の値段でマスクは買えるのに、メルカリに高額出品が相次いでいるようです。

livedoorNEWS(キャリコネニュース):新型肺炎でメルカリに高機能マスクの出品続出 
                  「N95マスク」などが売買成立


以下引用------------------------------------------
20200127_012.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍首相は1月27日、国内で感染が確認された場合、
法律に基づいて強制的な措置を取ることができる「指定感染症」にする方針を明らかにした。
社員を在宅勤務にする企業も出始める中、フリマアプリメルカリでは「コロナウイルス対策」と銘打ちたれた
マスクの出品が相次いでいる。

ヤフーショッピングで1箱あたり300円で売られていた50枚入りの不織布マスクは、メルカリでは10箱で10500円、
1箱あたり1000円と、約3倍の価格で売られていた。出品者は「新型コロナウイルス対策」と明記している。

不織布マスクではウイルスの侵入を防ぎきれない可能性
また、通常30枚入り1箱100円で売られているマスクは、宮城県の出品者から10箱3000円、1箱あたり
3倍の価格で出品されていた。中にはコメント欄に「早い者勝ち!」と書いてあるものもあった。

出品されているマスクの多くは不織布でできたマスクだが、新型コロナウイルスの感染をこうしたマスクで
完全に防ぐことは難しいと思われる。

「99%カット」などと書かれているマスクが多いが、これらは花粉や細菌、ほこりといった大きいものを避ける確率だ。
ウイルスは花粉や細菌より小さいため、通常のマスクでは侵入を防ぎきるのは難しい。

感染防止のため、医療従事者などはアメリカ合衆国労働安全衛生研究所のN95規格をクリアし認可された
微粒子用マスク、通称N95マスクを着用することが多い。
メルカリでは、大阪府から出品された75枚のN95マスクが「現在大変入手困難なN95マスク」として2万1000円で出品され、
売買が成立していた。

ただ、厚労省が1月24日に発表した資料には「過剰に心配することなく、マスクの着用や手洗いの徹底などの
通常の感染症対策に努めていただくようお願いいたします」と書かれている。
適切な方法で感染予防に努めたい。
--------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : コロナウイルス マスク

MERS以来の「指定感染症」

宿直明けの管理人です。

帰り道、中国語の集団を避けながら帰宅しました。
みなとみらい地区は中国人だらけです。

朝日新聞DIGITAL:MERS以来の「指定感染症」 入院勧告や就業制限可能に

以下引用------------------------------------------
20200127_001.jpg

 中国・武漢市(湖北省)で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大をめぐり、安倍晋三首相は27日の
衆院予算委員会で同ウイルスによる感染症について、28日の閣議で感染症法上の指定感染症などに
指定する方針を示した。

 首相は指定の狙いについて、「入院措置や公費による適切な医療を可能にするため」と説明した。

 指定は2014年の中東呼吸器症候群(MERS)以来となる。指定により、1年間の期限つきで危険度の
高い感染症と同様に患者に入院を勧告したり、就業を制限したりできる。
勧告に従わない場合は強制入院させることもできる。入院の医療費は公費負担となり、患者は
全数報告の対象となる。

 政府は併せて、検疫法上の「検疫感染症」にも指定する方針。
感染が疑われる人に対し、検疫所による診察や検査を行ったり、隔離したりできるようになる。

 厚生労働省はこれまで、世界保健機関(WHO)の緊急委員会で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」が
宣言されれば、指定感染症への指定を検討するとしていた。
だが、感染拡大の収束がみられず、患者の迅速な把握や医療提供を確実にするため、指定が必要と判断した。

 また、首相は予算委で、武漢在住の日本人について「中国政府との調整を加速させ、チャーター機など
あらゆる手段を追求し、希望者全員を速やかに帰国させる」と改めて表明した。
茂木敏充外相は「湖北省に約560名が滞在していることは確認した」と明らかにした。自民党の福井照氏への答弁。

 首相官邸は27日朝、態勢強化の一環として、危機管理センターに設けた「情報連絡室」を26日夜に
「官邸対策室」に改組したことを発表した。
--------------------------------------------------

「危険度の高い感染症と同様に患者に入院を勧告したり、就業を制限したりできる。」かぁ・・・
感染しないようにしないと・・・。

あぁ、何故職場がみなとみらい地区なんだか・・・ orz 中国人いなくならないかなぁ・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : コロナウイルス 中国

新型肺炎の感染「中国で既に5500人」

もう、パンデミックなんじゃないかと・・・

朝日新聞DIGITAL:新型肺炎の感染「中国で既に5500人」北大教授が推計

以下引用------------------------------------------
 中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、中国での感染は5500人規模に
広がっているとする推計結果を、北海道大医学研究院の西浦博教授(理論疫学)らが24日、
医学専門誌に発表した(https://www.mdpi.com/2077-0383/9/2/330#別ウインドウで開きます)。
中国で患者の診断や報告システムが十分機能していない可能性があるという。

 西浦さんらは、日本やタイ、米国など、24日朝までに中国本土以外で報告された計13人の感染者のデータと、
武漢市からそれらの地域への渡航者数などから、統計的に中国本土での感染者数を導き出した。

 中国政府は24日時点で、感染者は計830人としている。西浦さんは「実際の感染者数は数百人ではなく
数千人のオーダーで、感染元が明らかでない感染者がかなりの数いるだろう」としている。
--------------------------------------------------







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : コロナウイルス 中国

新型肺炎、日本で初確認

新型コロナウイルスの感染者が日本国内で確認されました。

産経新聞:新型肺炎、日本で初確認 中国・武漢への渡航歴

以下引用-------------------------------------------------
 中国中部の湖北省武漢市で原因不明の肺炎の発症が相次いでいる問題で、武漢市への渡航歴がある人が
日本国内で肺炎の症状を訴え、国立感染症研究所のウイルス検査で同じ肺炎の陽性反応が出ていたことが16日、
関係者の話で分かった。日本国内での患者の確認は初めてで、政府は同日中にも関係省庁との間で対応を
協議するとみられる。
---------------------------------------------------------

感染者は中国人で、日本に帰国時に解熱剤を飲んでいた模様。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ王ランキング バナー



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : コロナウイルス

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング