FC2ブログ

月が「クマムシ」天国になる!?

月に着陸失敗し、激突した衛星に「クマムシ」が搭載されていたようで、
万が一「クマムシ」が活動開始したら・・・

Yahooニュース(NewsWeek):月面衝突した探査機に残されたクマムシが月で生き延びている?

以下引用------------------------------------------------
──月面着陸を試み衝突した民間の無人月面探査機にクマムシが乗せられていた......
イスラエルの民間宇宙団体「スペースIL」によって打ち上げられた無人月面探査機「ベレシート」は、
2019年4月11日、民間初の月面着陸に失敗し、月面に衝突した。

しかしこのほど、「ベレシート」に“搭乗“していたクマムシ(緩歩動物)が月で生息している
可能性があることがわかり、話題となっている。

■ 無人月面探査機「ベレシート」にヒトのDNAサンプルとクマムシが......

「ベレシート」には、人類の知識や地球上の生物の時空を超えたアーカイブ化に取り組む
米国の非営利団体「アーチミッション財団」が制作した「アーチルナーライブラリ」とともに、ヒトのDNAサンプルと
クマムシが乗せられていた。

「アーチルナーライブラリ」は、薄さ40ミクロンのニッケルディスク25枚で構成され、
英語版ウィキペディアのデータや、フィクション、ノンフィクション、教科書、技術書などの書籍を
PDF形式に変換したデータ、5000言語の翻訳データなど、人類の歴史や文明にまつわる
3000万ページ相当のコンテンツが保存されている。また、ニッケルディスクの隙間にはエポキシ樹脂の
層が埋め込まれ、25名から採取した毛嚢と血液のサンプルと、乾眠状態のクマムシが収められた。

「ベレシート」の月面衝突は、衝突から11日後の4月22日、アメリカ航空宇宙局(NASA)の
月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)」から撮影された画像でも確認されている。

「ベレシート」が月面に衝突した時の速度は毎秒およそ1000メートルであったが、「アーチミッション財団」の
科学顧問チームがこの画像を分析したところ、「アーチルナーライブラリ」は「ベレシート」の月面衝突にも耐え、
損傷を免れたとみられている。

■ 月で何年も生き延びる可能性がある

体長50マイクロメートルから1.7ミリメートルの極小動物であるクマムシは、高温や低温、乾燥への耐性が強く、
固有のタンパク質には、放射線からDNAを保護する作用があることもわかっている。クマムシは、
周囲が乾燥してくると体を縮め、代謝を停止させて乾眠状態となり、極限環境に耐え、過酷な環境にさらされた後も、
水を与えると再び動きだす。

ポーランドのアダム・ミツキェヴィチ大学のルーカス・カチュマレク博士は、英紙ガーディアンの取材において
「クマムシは、小惑星が地球に衝突したときに生じる圧力にも耐えられるので、『ベレシート』の
月面衝突くらいの衝撃ならば何ともないだろう。月で何年も生き延びる可能性がある」とコメントしている。
なお、乾眠状態のクマムシは、月で動き回ったり、繁殖することはできず、乾眠から復活させるためには、
地球など、適した環境に戻したうえで、水を与える必要がある。

「アーチミッション財団」の共同創業者である起業家のノバ・スピヴァック氏も、米誌ワイアードの取材に対して
「月に送り込まれたクマムシが将来、蘇るかもしれない」と期待を膨らませる。「アーチミッション財団」では、
2021年に「アーチルナーライブラリ2.0」と呼ばれる地球のアーカイブコンテンツを月へ再び送り込むことを
計画しており、近々、そのためのクラウドファンディングを実施する方針だ。
--------------------------------------------------------

月が「クマムシ」だらけになるかもしれない・・・







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : クマムシ

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
注目記事