FC2ブログ

ビジネスマンの急死 隠れカフェイン中毒の可能性

まだまだ勤務&宿直スパイラル中の管理人です。

眠気覚ましなどは飲まないほうですが・・・

livedoorNEWS(現代ビジネス):実は報告よりも多い? 隠れ「カフェイン中毒」の可能性
                  ハードワークのビジネスマンは注意


以下引用------------------------------------------------
カフェインの過剰摂取で亡くなった20代男性
「24時間戦えますか」――バブル全盛期、ジャパニーズビジネスマンは皆、限界を超えて働いたり
遊んだりするために、こんなCMで売られる栄養ドリンクやらコーヒーやらをがぶ飲みし、眠気を
吹き飛ばしていたものだ。
24時間働き続けようなんて、今ならコンプライアンス違反で即刻取り締まりの対象だが、
当時は誰も気にしていなかった。

あの頃は皆、本当にカフェインのお世話になったものだ。

無論、現代でもコーヒーは、仕事現場や受験生にとって大切なリフレッシュアイテムだし、
「朝の一杯がないと一日がはじまらない」という人も多い。気合を入れて頑張りたいときは相変わらず、
カフェイン含有量の多いエナジードリンクをグイグイやってしまう。

だが2015年、そんなカフェインを愛してやまない我々にとって、衝撃的なニュースが流れた。
カフェイン中毒による国内初の死亡者が出たというのである。
(しかし実際には、厚生労働省も把握していないカフェイン中毒関連死22例の解析結果が、
2014年の『日本アルコール・薬物医学会雑誌』に掲載されている)

死亡したのは、福岡の24時間営業の店で勤務していた20代の男性。夜勤の眠気覚ましにカフェインの
錠剤やエナジードリンクを死亡する1年前から日常的に飲んでいたという。

死因究明にあたった福岡大学(福岡市)の久保真一教授(法医学)によると、男性の血液からは
致死量に達するカフェインを検出。
胃からはカフェイン錠剤とみられる粉末も見つかるなどしたため、急性カフェイン中毒での死亡と
結論づけたとのこと。

ニュースはマスコミ各社によって大々的に報じられ、コーヒーやお茶にも含まれる身近な成分・カフェインも、
実は「飲み過ぎ危険」と注意喚起された。

日本中毒情報センターによると、1g程度の摂取でも人によっては中毒症状をきたし、2gの摂取で多くの人に
中毒症状が現れる。
重篤な副作用が発生するのは5gからで、致死量は7gだという。
重篤な症状が起きてくる5g以上のカフェインをコーヒーで摂るには50杯、含有量が高いエナジードリンクなら25缶、
飲む必要がある。

この量を聞くと、「そんなには飲めないから」と皆、他人事になってもおかしくはない。
実際、先の死亡例も「かなり極端なケース」と捉えた人も少なくないだろう。

とはいえ、ネット通販で気軽に買えて、最も流通しているカフェイン製剤なら、50錠服用すれば
比較的容易に致死量に達する。

さらにコーヒー、エナジードリンクと、カフェイン製剤をちゃんぽんで飲むとしたらどうだろう。
たとえばお酒も、1種類ではなくビール、焼酎、ウイスキーと変えていくと、意外なほど飲めてしまうものだ。

眠気に負けず、しゃきっとしたい人たちが、知らず知らずのうちに致死量を超えたカフェインを摂取してしまう
可能性はそう低くないのではないだろうか。

中毒者はカフェイン製剤による自殺がほとんどだが…
日本中毒学会は、2011年4月から2016年3月までの5年間において、カフェインを含有する薬剤やサプリメント、
エナジードリンクを摂取後に病院に救急搬送された症例に関して調査を行った。

それによると、急性カフェイン中毒患者は2011年4月~2013年3月では15例を認めただけだったが、
2013年4月~2014年3月には24例と急激に増加し、2014年4月~2015年3月には25例、
さらに2015年4月~2016年3月には37例で、若者を中心に増加の一途をたどっている。
死亡したのは3例だった。

ただし男性53例、女性48例からなる101例のうち、97例(95%)は、風邪薬などの錠剤の服用によるもの。
エナジードリンクなどの液体を接取したのは10例のみだ。なお、調査は38施設101例の患者を対象に
行われた。

この報告を読む限り、「うっかり飲み過ぎた」的な症例は少ないようだ。

また筆者が、「断らない救急」4年連続日本一で知られる神戸市立医療センター中央市民病院・救命救急センターの
有吉孝一医師ほか、複数の救命救急センターに問い合わせてみたところでは、
「当院に搬送されてきた患者さんは、カフェイン製剤の大量服用による自殺企図者で、エナジードリンクの
大量摂取はいない」との回答を得ている。
--------------------------------------------------------

エナジードリンクや眠気覚ましをよく飲む・服用する方は十分に気を付けましょう。







ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : カフェイン 中毒

若者のカフェイン乱用

カフェインの過剰摂取が問題となっているようで・・・。

livedoorNEWS(IRORIO):若者のカフェイン乱用は「長時間労働」のせい?ネット上で「使わざるを得ない」の声

以下引用---------------------------------------------------------------------------
カフェインの過剰摂取に専門家が警鐘を鳴らしている。

カフェイン中毒で5年間で3人死亡
朝日新聞は6月12日、カフェイン中毒で2011年からの5年間で少なくとも101人が病院に運ばれ、3人が
死亡したことが分かったと報じた。

日本中毒学会の実態調査で明らかになったもので、病院に搬送された人のうち、97人は「眠気防止薬」に
よるもので、7人が心肺停止、うち3人が死亡

心肺停止の7人はいずれも、短時間にカフェインを6グラム以上摂取。

患者の年齢の中央値は25歳で、若者を中心に「カフェイン」を乱用している恐れがあるという。

過剰摂取で中毒症状
農林水産省によると、コーヒーのカフェイン量は100ミリリットルあたり0.06グラム、エナジードリンクや
眠気覚まし飲料には100ミリリットルあたり0.032~0.3グラム含まれている。
20170613_001.jpg
「農林水産省」資料

カフェインを過剰に摂ると、心拍数の増加や吐き気などの症状が現れ、長期的に高血圧リスクが高まる恐れも
あるそう。

朝日新聞によると、成人では短時間に1グラム以上で症状が出る可能性が指摘されているという。

専門家「制限を検討すべき」
しかし、日本では眠気防止薬などカフェインを含む製品は簡単に手に入り、眠気防止薬1錠あたりのカフェイン量の
上限も規制されていない。

調査した埼玉医科大学の教授は、「眠気防止薬に1回の購入上限などの制限を検討すべき」と語ったという。

海外でも注意喚起
カフェインに関してWHO(世界保健機関)やアメリカ、欧州など海外でも注意喚起をしている。

WHOは、妊婦にコーヒーを1日3~4カップまでにするように呼び掛け。

米疾病予防管理センターは、エナジードリンクとアルコールを混ぜて飲むことの危険性を注意喚起。

欧州は2015年にカフェインについてのリスクを評価。カナダもカフェインの推奨摂取量を定め、消費者に注意を
促している。

「眠ったら暮らしていけない」という声が
カフェイン中毒の報道を受け、ネット上には反響が続々。

「怖い」「気を付けないと」「ほどほどに」と応じる声もあるが、




こんな声も。




他にも「長時間労働ゆえに飲まなきゃいけない環境」「乱用しないとできないくらいの仕事を若者がやっているのでは?」
「使わざるをえないんでしょ?」「防止させたいなら、ブラック企業を根絶させんとダメだと思う」など、背景には若者の
過酷な労働環境があるのではと指摘する声が上がっている。

2015年には深夜勤務で眠気覚ましとしてエナジードリンクを日常的に多用していた九州地方の20代男性が、
カフェイン中毒で死亡している。
-----------------------------------------------------------------------------------
ブラック企業の副産物ですなぁ・・・。
幸いにも管理人はそこまでブラックではないので一安心です。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : カフェイン 中毒 死亡

カフェイン摂取を止めてみた結果

当直明けの管理人です。
眠気覚ましにはコーヒーを飲んでいますが・・・。

livedoorNEW(BLOGOS):カフェイン難民の昼と夜 第12回<移動時間が好きだ>

以下引用---------------------------------------------------------------------
睡眠薬を飲むようになったのは会社を辞めてからのことだった。

 自分はもともと夜の寝付きが悪くて夜更かしをしがちな上に、寝起きも悪くて朝なかなか起きられない人間だった。
それでも会社に勤めているときは「無理にでも毎朝起きなければいけない」という強制力が働いていたからそれほど
生活は崩れなかったのだけど、会社を辞めた途端、夜更かしも朝寝坊も好きなだけできるようになってしまったため、
どんどん睡眠リズムが一般的なものからかけ離れていった。

 最初のうちは「好きなときに好きなだけ眠るのが無職の醍醐味だ」なんてうそぶきながら不規則な時間に眠る生活を
楽しんでいた。「夜行性のほうが普通と違ってなんかカッコイイ」みたいな中二病的な思い込みもあったかもしれない。
だけど、日が沈む頃に起きて日が昇る頃に眠るような昼夜逆転生活を続けているうちに、そんな生活がだんだん
精神的にも体力的にもしんどくなってきた。

 夜しか起きていない生活だと昼間しか開いていない店には行けない。知り合いと会おうと思っても生活リズムが
違いすぎて全く会えない。日の光を浴びないと気分も鬱々としてくる。そんなこんなで昼夜逆転生活にうんざりしてしまい、
睡眠時間をちゃんとコントロールしたいと思うようになった。

 毎朝起きなければいけない用事があれば生活リズムは保たれるんだけど、朝起きるのはすごく苦手だし、
そもそもそれが嫌で会社を辞めたのだ。じゃあ夜早く寝ればいいんだけど、寝付きが悪くてなかなか眠れないのが苦痛で、
ついついずっとネットなどを見続けてしまう。結局辿り着いたのはネットショップ経由で睡眠薬を個人輸入するという方法だった。

 小さな箱に梱包されてシンガポールから届いた睡眠薬は僕にはよく効いて、眠れないときでも一錠飲んで
三十分ほど待てばスッと眠りに入ることができた。ずっと苦しんでいた精神的な悩みがこんな指先ほどの化学物質を
脳に入れることであっさり解決するなんて、科学の力はすごい。文明は偉大だ。

 そんな風にここ数年は睡眠薬のおかげで毎日一定の時間に眠れるようになってそれなりに安定した生活リズムで
日々を過ごしていたのだけど、この間突然、その睡眠薬が輸入禁止になるというニュースが流れてきたのだった。
やばい。これからどうやって眠ればいいんだ。また昼夜逆転の生活に戻るのか。

 別にその薬は海外から輸入しないと手に入らないというレアなものやヤバいものではない。普通に日本でも病院に
行けば処方される平凡な薬だ。だけど病院に通院するという行為が僕は苦手すぎるので、病院で薬を貰うというのは
多分無理だ。

 何とかして薬無しでうまく眠れるようになるしかない。どうすればいいんだろう。

そう思っていたときに、友人が「カフェインを一切摂らないようにしたらスムーズに眠れるようになった」と
話しているのを聞いて、自分もカフェイン断ちを試してみようと思ったのだった。


 僕はコーヒーとチョコレートが大好きだったのだけど、一切摂るのをやめた。ちょっとつらいが仕方ない。
お茶も緑茶や紅茶や烏龍茶はカフェインが入っているので、麦茶やハーブティー以外飲まないようにした。
コーラもカフェインが入っているのでだめだ。そんな生活をしばらく続けてみた。

 カフェインを抜いた効果は結構如実に表れた。

 多分もともと僕はカフェインが効きやすい体質なのだろう。昔からコーヒーを2杯も飲むと心臓がバクバクして
頭が覚醒しすぎて変な感じになってしまうのは自覚していた。寝付きが悪いのはカフェインの影響もあるかもしれないと
薄々思いつつも、「夜にコーヒーを飲まなきゃ大丈夫だろう」とか「コーヒーじゃなくてお茶なら飲んでもいいだろう」と
思っていたのだけど、見積もりが甘かったのだろう。

 一番早く気付いた効果は、心がなんだか穏やかになっているということだ。自覚していなかったけれど、
カフェインを摂っていたときの自分はかすかな覚醒や焦燥がずっと頭蓋骨の裏側に張り付いてチリチリと
しているような感じで、なんかいつもずっと薄くイライラしていたような気がする。

 カフェインを抜いて初めてそのことに気がついた。おお、あのイライラはカフェインのせいだったのか。
てっきり自分が人間的に未熟なせいだとばかり思っていた(それもあるだろうけど)。

 あと、今まで昼寝をするのが苦手で、寝不足だからちょっと昼寝をしたいというときも素だとうまく眠れなくて
いちいち睡眠薬を飲んでいたのだけど、カフェインを抜いたら昼寝がスッとできるようになったのも感動した。
これもカフェインのせいだったのか。自分が神経質すぎるせいだとばかり思っていた。

 さらに、朝の目覚めが良くなった。以前は8時間か9時間眠らないと不快感が残ってたまらなかったのだけど、
最近は6時間や7時間睡眠でもさほど気にならなくなった。これはカフェインを抜いたことで睡眠の質が
よくなったせいだろうか。

 あとなぜか、それまでたまに吸っていたタバコも、カフェインを抜いたら全く吸いたくなくなった。カフェインで
イライラするのを抑えようとして今まで吸っていただけなのかもしれない。

 カフェインを摂らなくなった今では、あんな刺激の強いアッパー系ドラッグをよく今まで毎日摂取していたものだと思う。
ちょっと効果に無自覚すぎたと反省している。

 今はまだ睡眠薬を飲むのはやめていない。買い置きしたストックが残っているし、カフェインをやめたことによる
反動が少し落ち着くまでは別の薬の補助があったほうがいいと思っている。でもこの調子ならしばらくしたら薬なしで
眠れるようになるかもしれない。

ただ、カフェインを摂らなくなった副作用として一番深刻な問題は、外食をしたり喫茶店に行ったりするときに
不便だということかもしれない。

 この社会はカフェインで溢れている。どこに行ってもコーヒーやお茶やコーラやチョコレートが提供される。
ひょっとして、人々にカフェインを与えて微妙にイライラしたせっかちな状態の人間を増やすことで誰か得をしている
黒幕がいるのではないか、という陰謀論的な発想をしたくなるくらいだ。

 街に出るとそこらじゅうに喫茶店がたくさんあるし、ところどころからはコーヒーを焙煎する良い香りが漂ってくる。
今の僕にはコーヒーというものは強力で危険な黒い液体ドラッグにしか見えないのだけど、それでもコーヒーの
あの香りだけは今でも素晴らしいと思う。カフェインを摂らないということは、この先ずっとあの良い香りから疎外
されるということなのだろうか……。それはちょっと寂しい。カフェインレスコーヒーなんてものも売ってるけどあれは
どうなのだろうか。

 ちょっと休憩したくて喫茶店に入ったときに飲むものに困ることが多くなった。コーヒーも紅茶も緑茶もだめなので
かなり頼めるメニューが限定されるのだ。

 しかたないので最近はスムージーとかラッシーとかルイボスティーばかり頼んでいるのだけど、いくつか選択肢が
ある場合はまだいいほうで、店によっては頼めるものがオレンジジュースしかない場合がある。オレンジジュースは
別に嫌いじゃないけど、そんなに好きでもないし、それほどしょっちゅう飲みたいものではない。

 定食屋などでデフォルトで緑茶やほうじ茶を出すのもやめてほしいと思うようになった。ただの水よりもいいだろうという
サービス精神なのはわかるのだけれど……。できれば全部麦茶にしてもらえるとありがたい。

 回転寿司に行ったときも、粉茶はカフェインが入っているので湯呑みにお湯だけを入れて飲むようにしている。
ちょっと味気ないけれど仕方ない。


 そもそも僕らはコーヒーが飲みたいから喫茶店に行くわけじゃない。「ちょっと休憩したい」とか「人に会って話したい」
とかいうときにしばらくの時間座ってゆっくりとする空間が欲しくて喫茶店に行くのであって、そこにカフェイン含有の
飲み物が付いてくるかどうかはわりとどうでもいいのだ。僕は街なかで休みたくて喫茶店に入るときはいつも
「飲み物なんてペットボトル飲料でいいからとりあえず座る場所をくれ」と思いながらカップに入った飲み物に数百円を
払っている。

 カフェや喫茶店が本当に売っているのは時間と空間なのに、それがコーヒーやお茶などの飲み物の提供と結びついて
いるのはよく考えると不思議なことだ。 その結びつきには特に必然性がない気がする。

 ネットカフェや漫画喫茶や猫カフェといった店ではさらにカフェや喫茶という言葉が空洞化している。
もはや誰もそれらの店に飲み物を期待していない。だけどそれらの店では「なんとなくある程度の時間ゆっくりできる場所」
というのを表すためにカフェや喫茶という概念が使われているのだ。

 本当に売っているのは飲料ではなく時間と空間なのだったら、カフェは全て漫画喫茶や猫カフェのように
「1時間500円」みたいな時間制の料金のシステムにしたほうが課金方法として正しいのかもしれない。
そうすれば「喫茶店でコーヒー1杯で5時間くらい粘るのは許されるのか」みたいなマナー問題も起きなくなるだろう。

 あと、我々が普段「お茶でもしませんか」と言うとき、別にお茶を飲みたいわけではない。「今度飲みに行きましょう」
というときも、酒を摂取するのがメインの目的ではない。それらは相手と話したいとか親交を深めたいという気持ちの
婉曲表現だ。

「他人とコミュニケーションしたい」という本当は社会的な欲求が、カフェインを含むアッパー系飲料やアルコールという
ダウナー系飲料を摂取するという原始的な精神変容行為と結びついているのは面白い、と改めて思うようになった。
ドラッグと社会の共犯関係という感じがする。
-----------------------------------------------------------------------------

管理人の場合はニコチン中毒なので、やんるにやめられないだろうなぁ・・・。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : カフェイン

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
Twitter & Youtube
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告
にほんブログ村ランキング